レッドブルF1首脳 「ルクレールのスピンがマックスのポールを犠牲にした」 / イギリスグランプリ 予選
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1イギリスグランプリの予選でシャルル・ルクレールにスピンによって引き起こされたイエローフラッグが、マックス・フェルスタッペンのポールポジションを犠牲にしたと批判した。

マックス・フェルスタッペンは、セクター2でスピンを喫したシャルル・ルクレールに遭遇するまでセクター1で区間ベストを記録していたが、イエローフラッグが出たことでアクセルをリフトオフさせることを余儀なくされた。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「イエローフラッグのちょっとした不運があり、マックスは0.3~0.4秒ほど失ってしまった」と語っている。

その結果、カルロス・サインツJr.が、151戦目にして初ポールポジションを獲得することになった。

「我々はとても支配的だった」とヘルムート・マルコは予選後にSky Sportsに語った。

「イエローフラッグがあったので、彼はアクセルを止めなければならなかった。それは我々のポールポジションを犠牲にした。我々はとても支配的だったが、このようなことが起こった」

それでも、マックス・フェルスタッペンはまだ日曜日の決勝でフロントローを確保し、彼の主要なチャンピオンシップのライバルであるセルジオ・ペレスとシャルル・レクレールの前でスタートする。

レッドブル・レーシングは金曜日のドライのプラクティスで印象的なレースペースを示して過ごしており、チームに自信を与えている。

「ここはオーバーテイクが難しい」とヘルムート・マルコは日曜日のレースを見据えて認めた。

「我々は2番手(フェルスタッペン)と4番手(ペレス)にいるので、戦略的および戦術的な観点から、まだできることがたくさんある」

「少なくともレースペースの面ではもっと速くなると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1イギリスGP / マックス・フェルスタッペン