レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイが語るハイパーカー『RB17』の構想
レッドブル・レーシングは、F1マシンの名称を冠したハイパーカー『RB17』を発表。同プロジェクトを主導するF1デザイナーのエイドリアン・ニューウェイとチーム代表のクリスチャン・ホーナーがRB17について語った。

伝説的なF1デザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、グランプリレース以外のプロジェクトに常に親しみを持っており、新しいコンセプトやアイデアにクリエイティブな発想を生み出している。

以前にアストンマーティンとヴァルキリーに取り組んできたレッドブルだが、RB17は、同社が完全に生産する初めての車となる。

レッドブルRB17は、レッドブル・アドバンスト・テクノロジーズが製造および開発し、最高技術責任者のエイドリアン・ニューウェイが監督する。ニューウェイは、トラックカーはグループが追求する「明らかなこと」であると述べた。

「トラックカーをやるなら『OK、その属性として何を設定する?』という話になる」エイドリアン・ニューウェイは語った。

「そして、我々が決めたのは、F1レベルのパフォーマンスだが、比較的快適で、比較的走りやすく、F1レベルのパフォーマンスリミットまで、快適に感じる速度で運転することができるというものだった」

空白のキャンバス、またはエイドリアン・ニューウェイが今でもすべてのデザインで使用していることで有名な空白の製図版のアイデアは、すべてのデザイナーを興奮させるものだ。

だが、現実にはそのような機会は滅多に存在しない。エイドリアン・ニューウェイは、2010年にビデオゲームのグランツーリスモのためにレッドブル X2010を考案。制約のない車を設計することがどのようなものかを味わっている。レッドブル X2010は、ファンカー技術を使用し、軽量、1400bhpを誇るキャノピーシングルシーターで、鈴鹿でのシミュレーター走行でF1のトラックレコードを20秒上回った。

だが、現実世界でRB17を設計するとなるとまったく同じアプローチを採ることはできない。

「もちろん、物理学のレギュレーションがある」とエイドリアン・ニューウェイは語る。

「2人の人を収める必要があり、少なくとも1人はかなり背が高いと想定しなければならない。実際、既存のタイヤを使用する必要があるといったようなあらゆる制約がある。もちろん、車が安全であるために必要ないくつかの制約もある」

「しかし、2010年のプレイステーションカーの1人ではなく、2人を運ぶという制約以外では、事実上、ルールはない」

“ルールがない”車のアイデアは、レッドブルRB17をトラックカーでF1テクノロジーを味わうことができるという、自動車業界にとってエキサイティングな展望にする。

レッドブルRB17はいつ生産に入るのか?
レッドブルRB17の開発はレッドブル・アドバンスト・テクノロジーズで進行中だが、CEOのクリスチャン・ホーナーは、2024年に車のデリバリーを開始することを視野に入れて、「12か月以内に稼働する」と予想していると述べた。

レッドブルRB17は何台生産される?
レッドブルRB17を手に入れるには、すばやく動く必要がある。年間約15台の割合で生産されているのはわずか50台で、それに加えて開発とテストに使用されるプロトタイプもある。

トラックカーの幸運な所有者は「シミュレーターへのアクセス、車両プログラムの開発、トラック上のトレーニングと経験を通じて、レッドブルレーシングチームとの緊密な関係」、および各所有者に合わせた工場サポートとメンテナンスも楽しむことができる。

なぜレッドブルRB17と呼ばれるのですか?
新型コロナウイルスのパンデミックとF1の技術規制の凍結がなければ、昨年のレッドブルのF1マシンはRB17と呼ばれていただろう。しかし、コスト削減のために2020年から2021年の間でキャリーオーバーが実施されたとき、レッドブルは自社の車をRB16Bと呼ぶことを選択した。その後、F1での長年の命名系統と一致させて、2022年の車はRB18と呼ばれた。つまり、当初はRB17は存在しなかった。

「この車は真のF1パフォーマンスを備えているので、その系統に分類され、17の名前を持っているのは正しいと感じた」とクリスチャン・ホーナーは語った。

レッドブルRB17はどのエンジンを使用する?
レッドブルはRB17にツインターボV8エンジンを選択し、約1,100bhpの出力を目標としている。しかし、誰がパワートレインを生産するかについてはまだ決定していない。

「我々は今、それをどのように行うかを検討している」とエイドリアン・ニューウェイは述べた。

「ご存知のように、我々には今、若い会社である自社のレッドブル・パワートレインズがある。同様に、我々は他のスペシャリストに目を向けることができる。現在、我々はその過程にある」

RB17はF1カーと比べてどれくらい速い?
RB17でF1レベルのパフォーマンスを実現するための推進力は、同じ方法論とプロセスがその開発に関与し、可能なテクノロジーを活用することを意味する。

F1カーと同じ土俵に上げるためにさまざまな方法で判断できるが、エイドリアン・ミューウェイは、ラップタイムで比較が行われることを明らかにした。

「もちろん、それはサーキット固有のものになるだろう」とエイドリアン・ニューウェイは語った。

「実際の大きな戦いは重量だ。大部分の人にとっての実用性と安全性、屋根のある2人を乗せるのに十分な大きさの車を作ると、自動的にその車はF1カーよりも重くなる。その後、そのパフォーマンスを達成するために必要な他のすべてのことを実行している」

RB17は公道仕様か?
そうではない。アストンマーティンがプロジェクトの責任を引き継ぐ前にレッドブルが設計を手伝ったヴァルキリーとは異なり、RB17は公道を走るプロダクションカーではない。

「企業としてのこの段階で、それは我々のDNAの中心ではない」とエイドリアン・ニューウェイは説明した。

「我々は自分が知っていることからはるかに多くのことを始めていている、そして、それがロードカーであり、ロードカーとして設計されたならば、より多くの数値に縛られるだろう、それは我々が現時点で時間内で快適にできることではない」

マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスはRB17の開発に関与するか?
イエスだ。クリスチャン・ホーナーによれば、レッドブルがRB17のF1インサイトをすべて活用するための取り組みの一環として、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスはその開発に参加する予定だ。

「マックスは時々ヴァルキリーを運転していた。彼はその車の顧客でもある思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼らがこれらの車のいずれかを購入することを選択するかどうかは彼ら次第だが、我々は確かにこれらの車のテストと開発で我々が持っているすべてのスキルセットを使用することを目指している」

RB17はヴァルキリーと比べてどうか?
エイドリアン・ニューウェイによると、RB17は、公道仕様にするために必要な制約がないこともあり、ヴァルキリーよりも「大幅にパフォーマンスが高い」という。

「ヴァルキリーはロードカーとして考案されたものであり、もちろん、純粋にパフォーマンスを追いかけている場合と比較して、さまざまな制限がある」とエイドリアン・ニューウェイは述べた。

「もちろん、先ほど言ったように、最大のことは重量を抑えることだと思うので、それにはたくさんのことがあるだろう。パワーは最近ではほとんど比較的簡単だ。これはエンジン技術の進歩だ」

「そうなれば、実際には、空力がうまく機能する他の大きな貢献者であるかどうかを確認するだけだ。それを達成するために使用する過去のトリックはかなりある」

レッドブルRB17の費用はいくらか?
500万ポンド(約8億3000万円)。プラスVATで、実際には600万ポンド(約9億9600万円)となる。レッドブルはすでにRB17への関心の表明を受け入れている。

「500万ポンドという価格について言及するとき、いつも少しばつが悪く感じていることを認めなければならない」とエイドリアン・ニューウェイは認めた。

「現実には、クリスチャンがよく知っているように、収入がどれくらいであれ、少しだけ費やすつもりだ! F1レベルでそれらを作り始めるとき、これらの車に使う建築材料は恐ろしい。それから、開発とテストを行う。残念ながら、それがあなたに忍び寄る数字だ」

クリスチャン・ホーナーは「エイドリアンがキャンパスのどこにあるかわからないのは財務部門だ」と冗談で語る。

「それに対処すのは彼の仕事ではなかった」

エイドリアン・ニューウェイ F1 レッドブル・レーシング RB17 自動車

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル