レッドブルF1代表 「フェルスタッペンとペレスは決してメイトではない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスは、レース以外の時間では笑顔で会話をしているが、チームメイトは決して本当のメイト(友達、仲間)ではないと主張する。

レッドブルのF1マシンをより快適に感じるようになった今、セルジオ・ペレスはマックス・フェルスタッペンのようにF1ワールドチャンピオンになりたいと感じている。クリスチャン・ホーナーは、それがチーム内に異なるダイナミクスを生み出していると語る。

勝利を望んでいる二人のドライバーにどのように対処するかを質問されたクリスチャン・ホーナーは、ドライバーズチャンピオンシップに対するボーナスはなく、レッドブル・レーシング自体はコンストラクターズチャンピオンシップの場所に対してのみ分配金を得られることを強調した。

「ドライバーはチームの契約者であり、チームのためにパフォーマンスするためにそこにいる。チームメイトというのは誤った考えであり、それらは最悪のことだ。彼らは決してメイトではない。もう一台の車に乗っている男だけが、自分に対しての判断になる。彼は同じエキップメントを持っている唯一の男なので、自分のキャリアを成功科せるか、壊すかのどちらかだ」とクリスチャン・ホーナーは Cambridge Unionのインタビューで語った。

そして、クリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスが2021年のチームにとって大きな資産であったことを強調。アブダビグランプリで、ペレスはルイス・ハミルトンを長期間にわたって抑え、最終的にマックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンを獲得することを可能にした。

「今年は完全にリセットされている。セルジオは車をより快適に感じており、今は自分がワールドチャンピオンになれると信じている。それは別のダイナミックさを加える」とクリスチャン・ホーナーは続けた。

「我々の主な競争相手はフェラーリだが、当然ながら、ドライバーはお互いに競争したいと思っている。だが、『おい、注意しろ。これはお前の車ではない。これはお前のために設計し、構築した800人のものだ。それをドライブできるだけでもラッキーなことだ。それを尊重して、世話をしろ』という感じだ」

レッドブル・レーシングは、F1スペイングランプリで今シーズン初めてチームオーダーを使用した。セルジオ・ペレスは明らかに不満を持っていた。ペレスは現在チャンピオンシップで2位であり、したがって、まだタイトルを獲得するチャンスがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セルジオ・ペレス / マックス・フェルスタッペン