レッドブルF1首脳、DRSトラブルを説明「フェルスタッペンの苛立ちは理解」 / スペイングランプリ 決勝
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンがスペイングランプリの予選とレース中に遭遇したDRSの問題について説明。「苛立ちは理解できる」と語った。

マックス・フェルスタッペンは、カタルーニャ・サーキットでの予選Q3最終ラップでリアウィングのフラップが開かず、タイトル争いのライバルであるシャルル・ルクレールにポールポジションを奪われることになった。

夜通しの修理の後、レッドブル・レーシングのメカニックはレースの直前に最終チェックと修正を行ったが、彼らの努力にもかかわらず、DRSはレース中に再び不具合が発生し、マックス・フェルスタッペンはジョージ・ラッセルとの戦いで貴重な時間を費やすことになった。

マックス・フェルスタッペンは、序盤にハーフスピンを喫してグラベルに飛び出して後退し、ジョージ・ラッセルをコース上で攻略することができず、戦略を変更することによってようやくクリアすることができた。

シャルル・ルクレールがPUトラブルでリタイアし、ジョージ・ラッセルは戦略で後れをとったことで、マックス・フェルスタッペンは最終的にレースに勝った。セルジオ・ペレスも2位に続き、レッドブル・レーシングは1-2フィニッシュを達成。アドバイザーのヘルムート・マルコはチェッカーフラッグの後で安堵を表明した。

「我々は大きな困難を抱えていたので、とてもハッピーだ」とヘルムート・マルコはRacingNews365.comを含むメディアに語った。

「DRSは開かないことがよくあったが、開くこともあった。そうしないとラッセルを通過できなかったため、元の2ストッパーから3ストッパーに切り替える必要があった」

「気温にも問題があったが、フリーエアで走れるときには、フィールドで最速の車であることが証明された」

ヘルムート・マルコは、「メカニカル面の問題」は土曜日の予選セッションで見られたものとまったく同じであることを確認した。

「マックスが縁石を運転している限り、DRSは開かなかっただろう」とヘルムート・マルコは語った。

「彼はイライラし、時々DRSボタンをより頻繁に押して、閉じさせていた」

マックス・フェルスタッペンは無線で『DRSもまともに作れないのか』と不満を口にしていたが、ヘルムート・マルコは、フェルスタッペンのフラストレーションは状況を考えると「理解できる」と付け加えた。

「自分たちで問題を解決しなければならず、予選後に行った修正の後で成功したと思ったが、明らかにそうではなかった」とヘルムート・マルコは要約した。

マックス・フェルスタッペンはドライバーズランキングでシャルル・ルクレールを6ポイントリードし、レッドブル・レーシングはコンストラクターズバトルでスクーデリア・フェラーリに26ポイント差をつけた。

レッドブル・レーシング スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1スペインGP / マックス・フェルスタッペン