レッドブルF1首脳 「RB18はまだ2022年の最低重量に到達していない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、RB18がまだ2022年の最低重量に到達していないと認める。

今年、レッドブル・レーシングのライバルはスクーデリア・フェラーリに代わった。昨年のメルセデスF1とは異なり、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールはコース上でのバトルに専念し、コース外では比較的平和な戦いとなっていた。

しかし、スクーデリア・フェラーリが最近のイモラでのピレリのタイヤテストで不正に新しいフロアを試したという疑惑をレッドブル・レーシングが指摘してから緊張関係に発展。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、レッドブル・レーシングが2022年序盤に多くのアップデートを投入したことで、シーズン後半には開発予算が尽きてしまうはずだとけん制した。

Motorsport-Total.comは、レッドブル・レーシングがすでに開発予算の75%を使い果たしているという報じた。

しかし、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブルが2022年に限られた開発予算の資金配分に苦しんでいるとの見方は「ナンセンス」だと語った。

「ナンセンスだ」とヘルムート・マルコはmotorsport-total.comに語った。

「この点で、我々はフェラーリと大きく異なる立場にあるとは思わない」

「カルロス・サインツがすでに何度か車をクラッシュさせたことは、彼らにどのような影響を与えたのだろうか。それは安くはない」

したがって、スクーデリア・フェラーリが今週末にバルセロナで大幅なアップグレードを計画しているが、それはレッドブル・レーシングも同様だ。

「我々は常に軽量化を達成するような方法でアップデートを計画している」とヘルムート・マルコは語った。

「残念ながら、まだ最小重量に達しておらず、次のアップデートまで成功しない」

「我々が資金を費やしすぎているとは思わない」

「ロジスティクスコストが増加し、問題となっているのは事実だが、それは我々だけでなく、フェラーリや他のチームにも当てはまる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル