レッドブルF1代表 「フェラーリとのタイトル争いはイライラが少ない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今年のフェラーリとのF1タイトル争いは、2021年のメルセデスとの戦いよりもはるかにイライラが少ないなかで行われていると語る。

昨シーズン、クリスチャン・ホーナーとメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフとの戦いは、時として個人的な口撃にも発展した。

しかし、今シーズンのレッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリは非常に拮抗しているにも関わらず、これまでのところ、2021年に一般的だった敵意の公的な兆候はない。

マックス・フェルスタッペンは今年これまでに3勝を挙げているが、リタイアしたバーレーンとオーストラリアで優勝したフェラーリのシャルル・ルクレールを19ポイント差で追いかけている。

トト・ヴォルフとの衝突と比較して、フェラーリとの戦いがどのように異なっているかを質問されたクリスチャン・ホーナーは「マッチィアはナイスガイだ。つまり、それは単に異なる種類の競争だ」と語った。

「あなたはトトを考慮の対象外にしているようだが、彼がショーに戻るための時間は十分にある」

「我々は自分自身に非常に集中している。9チームすべてが我々の競争相手だ」

「昨年は、コース上だけでなく、コース外でもたくさんのイライラがあった」

「今年はトラックで何が起こっているかに焦点を当てているように思う。シャルルとマックスの間のレースは素晴らしいと思う」

「最初のレースは壮大だった。そして、それがシーズンを通して続くなら、必然的に、それはより競争力が増し、今年の後半に賭け金が高くなるので、ある時点で沸騰するだろう」

「しかし、確かに、これまで見てきたことは、非常に敬意を表するレースであり、ハードレースだがフェアレースだった。そして、私が言ったように、メルセデスがかなりすぐにそのパーティーに参加するのを目にするだろうと思う」

今シーズンのチャンピオンシップの戦いにおけるもう1つの重要な違いは、シャルル・ルクレールとマックス・フェルスタッペンは、カート以来、お互いに激しく競争し、戦いを繰り広げてきたため、はるかに簡単な関係にあるように見えることだ」

昨シーズン、イギリスとイタリアのグランプリでの物議を醸した衝突をきっかけに、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの間の緊張が高まった。

クリスチャン・ホーナーは、マイアミでのシャルル・ルクレールとマックス・フェルスタッペンの間にでされたリスペクトのレベルは立派だと語る。

「フェラーリとはとてもタイトだと思う。素晴らしいレースだったし、シャルルとマックスの間には大きなリスペクトが払われていることがわかるだろう」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「彼らはお互いにレースを楽しんでいるし、それを見ることができる。私は、去年のような競争の年にまたならないことをむしろ望んでいた」

「しかし、今年の戦いはずっとうまく続いていきそうだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / メルセデス