レッドブルF1、2024年稼働を目指して新しい風洞を建設
レッドブルF1は、2024年までにミルトンキーンズのファクトリーに新しい風洞を建設する予定となっちえる。

Auto Motor und Sportによると、レッドブルF1が建設予定の新しい風洞の推定コストは5,000万ユーロから7,500万ユーロであり、F1の予算上限制限の下でかなりの費用がかかる。

「我々は承認段階にある」とレッドブルモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは確認した。

だが、レッドブルF1の最高技術責任者のエイドリアン・ニューウェイは、チームが使用できるように割り当てられた時間に厳しい制約があることを考えると、新しい風洞の建設に反対することを選択しただろうと述べた。

しかし、Auto Motor und Sportは、昨年、スクーデリア・フェラーリに設置されたアップデートされた設備と、シルバーストンに建設中の新しいファクトリーのインフラストラクチャの一部として独自の風洞を建設しているアストンマーティン、およびマクラーレンも新しい風洞を建設中であることを考えると、チームは建設を「強いられている」と感じていると報告している。

しかし、エイドリアン・ニューウェイは別のアプローチを好んでいると語る。

「我々が希望の風速まで上昇するのに時間がかかりすぎている」とエイドリアン・ニューウェイは語った。

「そして、実際に我々は権利を与えられている非常に関連性のある風洞時間を奪っている。

「私はすべてをCFD開発に完全に限定している。残念ながら、それははるかに持続可能であるとはいえ、それに対する十分な票は得られていない」

「いつもの連中がそれに反対している」

時間の経過とともに風洞の使用を減らすことがF1の目標であると言われており、10チームのうち8チームは、昨年の夏に使用量を減らし、最終的には2030年までに完全に段階的に廃止することに賛成していることを確認している。

しかし、現在は、使用を管理するルールが導入され、前シーズンのコンストラクターズチャンピオンシップでチームがどれだけ高く終了したかに基づいて、風洞を使用するために割り当てられる時間が短縮されている。

今年の時点で、メルセデスF1が最小の風洞時間を許可され、ハースF1チームが最大になっている。

F1の最高技術責任者であるパット・シモンズは、現在、風洞がF1の重要な部分であると信じていますが、風洞の将来の使用方向について話し合う必要があることを繰り返し述べた。

「それについて議論するのは正しいと思うが、テストは我々の通常のエンジニアリングプロセスの一部だと思う。したがって、今日は風洞を用意し、将来どのくらいのシミュレーションが開発されるかを見てみよう」とパット・シモンズは昨シーズン述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル