レッドブルF1代表、2023年にフェルナンド・アロンソと契約との噂を否定
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、突如浮上した2023年にフェルナンド・アロンソと契約するという噂を「関心はない」と否定した。

以前にルノーやフェラーリ、マクラーレン・ホンダといったチームでF1を戦ってきたフェルナンド・アロンソは、2022年にアルピーヌF1チームでグリッドに復帰。40歳のアロンソは、ほぼ20年間F1を戦っている大ベテランとなっている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、3回目のタイトル獲得に熱心であり、2022年の新しいF1レギュレーションの導入が、F1復帰の背景になる主な要因だった。

パドックの噂では、F1での将来が不透明なセバスチャン・ベッテルに代わって、フェルナンド・アロンソがアストンマーティンF1に移籍するとの噂が広まっている。アルピーヌF1チームには将来有望なオスカー・ピアストリがリザーブドライバーとしてレースシートを狙っており、アルピーヌF1も彼を昇格させたいと考えている。

しかし、もう一つの道として、レッドブル・レーシングへの移籍も噂として浮上した。現役F1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは複数年契約を結んでいるが、2年目を迎えたセルジオ・ペレスは単年契約だ。

今年、セルジオペレスは新世代F1マシンにうまく台頭しており、過去2レースで2連続で表彰台を獲得し、力強いスタートを切っている。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングが2023年にフェルナンド・アロンソを起用することに興味があるとの噂を否定した。

レッドブルが2023年にアロンソをチームに連れてくることに興味があることを否定した。「それは私にとっての初耳だだ」とクリスチャン・ホーナーはSkynSport F1に語った。

「我々、現在抱えているドライバーに非常に満足している」

「フェルナンドは素晴らしいドライバーだ。それに加えて、40代であることを考えれば、彼がまだF1にいるのは素晴らしいことだ。それは、目指すべきものだ。だが、彼は我々の計画の一部としては適合しない」

どうやら、この噂はクリスチャン・ホーナーが“友人として”フラビオ・ブリアトーレ(フェルナンド・アロンソのキャリアで重要な役割を果たしている)と話をしたことから尾ひれがついたようだ。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルは「現時点では自分たちのドライバーに非常に集中している」と締めくくった。

以前、フェルナンド・アロンソは、彼のキャリアの中でレッドブル・レーシングとのつながりについて話し、2018年にチームに加入するためのオファーを何度か明らかにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェルナンド・アロンソ