レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンはこれ以上DNFが続けば時限爆弾化」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンは穏やかで成熟したドライバーに進化しているが、これ以上リタイアに耐えることになれば、爆発する準備ができている時限爆弾になる可能性があると認める。

マックス・フェルスタッペンは2022年F1シーズンの最初の3レースで2つのDNFに苦しんだ。両方のレースで、フェルスタッペンは、ドライバーズランキングで首位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に次ぐ2位で走っていた。

その結果、マックス・フェルスタッペンは、今週末のF1エミリア・ロマーニャGPに先立ってドライバーズランキングでシャルル・ルクレールから46ポイント差の6位に沈んでいる。

「彼はとても落ち着いている」とヘルムート・マルコはオーストリアの放送局ORFに語った。

「(メルボルンでの)リタイア後、彼はピットボックスに戻り、我々は冷静に物事について話し合った」

「しかし、今回のケースでは、予選でも対処しなければならなかったので、問題に直面する可能性があることはわかっていた。その点で不意をつかれたわけではなかった」

「彼は常に自分の意見を述べる感情的で情熱的なドライバーだ。しかし、私の見解では、彼は以前よりもずっと落ち着いている」

シーズン開幕以来、レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンは、フィールドのクラスとしての地位を確立しているフェラーリのF1-75についていくことに苦労している。

しかし、2021年のF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンはチームメイトであるセルジオペレスとも争っている。

F1サウジアラビアGPのF1キャリアで初めてのポールポジションを獲得したセルジオ・ペレスは、今シーズン腕を上げているが、ヘルムート・マルコは、自信または欠如がセルジオ・ペレスと比較したマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスの要因であると考えている。

「車のセットアップ面で、彼の極端なドライビングスタイルを維持する自信がないことがある」とヘルムート・マルコは説明した。

「これにより、チェコが以前よりも彼に近づいている」

イモラでは、レッドブル・レーシングはトラブルのない週末を望んでいる。しかし、信頼性問題がレッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンを再び妨げることに遭った場合、フェルスタッペンの態度は一気に変わる可能性があるとヘルムート・マルコに警告する。

「我々がすぐに再び勝たなければ、彼が時限爆弾であることは確かだ!」とヘルムート・マルコは締めくくった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル