レッドブルF1代表 「RB18は1周あたり最大2秒は短縮できる」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、完全に新しい2022年F1マシンの開発率はシーズンを通して1周あたり最大2秒になる可能性があると考えている。

グランドエフェクト効果を特徴とする次世代F1マシンは、先週のバルセロナでのF1プレシーズンテストで初めてペースがどれくらいであるかを示したが、1回目のテストでは完全なペースよりも信頼性が重要だった。

レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンが206周、セルジオ・ペレスが152周と合計358周を走り込み、かなり満足できる週を過ごした。また、セルジオ・ペレスは、1-2で終えたメルセデスF1勢よりも硬いコンパウンドで3番目に速いタイムを記録している。

しかし、今年はF1レギュレーションが大幅に改善され、マシンはすべてが新しく、F1チームが自分自身とライバルの両方にとって最も効果的なものを確立するにつれて、マシンはより速くなる。

通常、改善は0.1秒単位で測定されるが、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、新車が最大のポテンシャルに向かって引き上げられるため、ラップタイムは1秒単位で短縮されると考えている。

「急な学習曲線がある」とクリスチャン・ホーナーはRacingNews365に語った。

「これらの新しいルールにより、毎週パフォーマンスが向上している。1.5〜2秒の開発が見込まれている」

「一部のサーキットでは、昨年のポールポジションからそれほど遠くないだろう」

また、クリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスが半日で終えることになった2日目のトラブルを説明した。

「ギアボックスの問題があったが、劇的な問題ではなかった」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「テストは主に車をよりよく知るためのプロセスが重要だった。我々はたくさんのデータを集めて、たくさんの周回を走り込んだ」

「最初のテストはポジティブだった。新しいタイヤについて、またグラウンドエフェクト効果が車にどのように作用するかについて多くのことを学んだ。まだまだポテンシャルはたくさんある」

レッドブル・レーシングは、新車RB18バルセロナテスト初日まで非公開にしていたが、クリスチャン・ホーナーは、それはF1の急速な進化の結果であると示唆しt。

「発売以来、車は確かにかなり変わった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「F1の世界では物事は速く動く。すべてのパーツがそこから異なっている」

「これらのルールの急進的な性質は、特にF1の動きの速い世界では、コンセプトを早めに公開したくないことを意味する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル