レッドブルF1首脳 「ホンダはF1撤退後に計画を考え直した」…2025年までPU供給継続
ホンダは、2022年以降もレッドブルのF1プログラムにこれまで考えられていたよりも深く関わっていくことになるようだ。

正式にはホンダはF1から撤退し、レッドブルのワークスパートナーではなくなっている。レッドブルは、独自のエンジン部門であるレッドブル・パワートレインを構築しながら、今年とそれ以降にホンダのF1エンジンの知的財産権を使用することを意図していた。

しかし、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、それらの計画は変わったと語る。

「エンジンは完全に日本から来るので、我々は2025年までエンジンに触れる必要はない」とヘルムート・マルコはAutorevueに語った。

「したがって、知的財産権はホンダに残る。その後、2026年の新しいレギュレーションの下で我々はニューカマーとなる」

それ以外では、レッドブル・パワートレインズのプロジェクトの構築を含め、2022年の準備は予定通りに進んでいるヘルムート・マルコは語った。

「我々は良いスタートを切っており、夏頃に稼働する予定だ」とヘルムート・マルコは明かした。

「そもそも自分たちでそれを行うという決定は、純粋にさらなる開発を凍結することに依存していた。そうでなければ、このような複雑なことをする機会がなかっただろう」

ただし、ホンダのロゴは2022年F1マシンに残る可能性が高く、ホンダの同じスタッフの多くが2022年もレッドブルのガレージに残る。

「ホンダで再考があった」とヘルムート・マルコは認めた。

「彼らは、F1のバッテリーに関する知識を通常の車に使用できることに気づいた」

「もちろん、これは我々にとって非常に素晴らしいことだ。つまり、キャリブレーションと微調整を自分で行うだけで済む」

ぎりぎりの変更にもかかわらず、ヘルムート・マルコは、まだレッドブルが2022年にメルセデスF1と同じレベルにいることを期待しており、他チームはまだ遅れをとると考えている。

「スタンダード、シミュレーター、コンピューターなど、レッドブルとメルセデスが持っているリソースは、単純に比類のないものだ」とヘルムート・マルコは語った。

「いいえ、我々は単純にブラウンGPのシナリオを信じていない」

「フェラーリはおそらく勝利のために数回競争するだろう。過去1年間にエンジンで果たしたステップは、誰にとっても非常に明確だった」

「しかし、私が実際に見ることができるのは我々自身の進歩だけであり、それは非常に有望だ。それでも、フィールドはもう少し近くなることを願っている」

「原則として、2人はフルスロットルでドライブするときにフィールド全体を周回遅れにしていたからね」とヘルムート・マルコはF1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンとライバルのルイス・ハミルトンに言及して語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル