レッドブルF1代表、過剰な規制に皮肉 「チャーリーが恋しい」 F1サウジアラビアGP 決勝
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、現在のF1は“過剰に規制されている”と感じており、元F1レースディレクターの故チャーリー・ホワイティングを恋しく思うと皮肉った。

F1タイトル争いを展開するマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、日曜日のF1サウジアラビアGPで多くのインシデントを起こし、レース後にスチュワードを訪問した。

クリスチャン・ホーナーは、ルールが多すぎて、スチュワードとレースディレクターのマイケル・マシには管理しきれていないとし、2019年に突然亡くなった長年のF1レースディレクターであるチャーリー・ホワイティングの規律が、日曜日のジェッダでの混沌としたレースではかけていたと付け加えた。

「あまりにも長い間言っていることだが、我々は過剰に規制されている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「10台分の車間距離についてのルールがあるが、リスタート時のフォーメーションラップはフォーメーションラップではない」

「ルールが多すぎるように感じる。今日、スポーツはチャーリー・ホワイティングを恋しく思ったように感じだ。申し訳ないが、彼の経験は…」

「明らかに苛立たしいことだが、マイケル(マシ)とスチュワードにとってはムス香椎ことだ。特にこのタイプの会場、デブリ量、コーナーのタイプがあるこのタイプのサーキットではね。だが、それは誰にとっても同じだ」

「今日、彼らが管理には厳しいレースだったと思う。明らかにそこにはたくさんのデブリがあった」

「レースでコントロールには追跡するのが困難なさまざまなインシデント、セーフティカー、バーチャルセーフティカー、リスタートがあり、明らかに前後に多くのトラフィックがあった」

「レースには今後数週間にわたって詳細に議論される多くの教訓があったと思う」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンが2週間前のF1カタールGPでグリッドペナルティを科された後、サウジアラビアでの日曜日のレース中に5秒のペナルティを課されるなど、レッドブルは最近のスチュワードの決定に失望していると付け加えた。

「明らかに、2週間前のドーハでのように、今日はほぼすべての決定が我々に不利だった。昨日は2つのインシデントが発生したが…控えめに言っても変動が多い」とクリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンがイエローフラッグ無視とニキータ・マゼピンへの進路妨害がお咎めなしとなったフリー走行3回目に言及した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1サウジアラビアGP