レッドブルF1首脳 「ハミルトンのトラブルによる王座確定は考えていない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今週末のF1サウジアラビアGPでマックス・フェルスタッペンが初のF1ワールドチャンピオンを獲得する可能性があるという提案をあまり重要視していない。

レッドブルのオランダ人ドライバーはルイスハミルトンより8ポイント進んでおり、2レースしか走っていませんが、F1サウジアラビアGPの舞台となる新しいジェッダストリートサーキットはメルセデスが過去2戦で見せたパフォーマンスの優位性を維持することが広く期待されている。

F1サウジアラビアGPが終了した時点で、マックス・フェルスタッペンのリードが26ポイントあれば、その時点でタイトルは決定する。そのためにはレースでルイス・ハミルトンとの差が18ポイントになる必要がある。彼にフェルスタッペンが優勝した場合、ハミルトンは7位以下でタイトルが確定するが、メルセデスとハミルトンに何等かのトラブルが発生しなければ、そのような差はつかないと考えられている。

「そういった計算からは放っておいてほしい」とヘルムート・マルコはOsterreichに語った。

「それとも、マックスが我々自身の過失なしに失った50ポイントについて話すべきだろうか?」

だが、ルイス・ハミルトンがクラッシュや故障すれば、今週末にマックス・フェルスタッペンにとってタイトルは現実的なものとなるのも事実だ。

「メルセデスで故障したのはボッタだけだ」とヘルムート・マルコは反撃した。「ハミルトンには何も起こっていない」

もう一つの重要な要素は、すべてのF1チームとドライバーにとってサウジアラビアは真新しいサーキットだということだ。

ルイス・ハミルトンのいわゆる“ロケット”エンジンの優位性について質問されたヘルムート・マルコは「信じてほしいが、我々の人々は全速力で働いている」

「マックスはシミュレーターでトレーニングを行ってきた。自宅にもシミュレーターがある。彼は、これまで運転したことがないことを気にしない」

メルセデスF1は、サーキットを評価するために非常に早い段階で主要なエンジニアをジェッダに派遣したと考えられているが、ヘルムート・マルコは「いいや、我々ははそれはしていない」と語った。

「それはトト・ヴォルフと彼の友人のアレックス・ヴルツに任せよう。だが、それによってもたらされるおのはあるだろうか?」

「私が知る限り、まだ完成していない。まだ掘削機と建設車両が走り回っている」

「路面はギリギリまで掃除されない。それにマックスが慣れるためには、2~3周のプラクティスラップで十分だろう」

マックス・フェルスタッペンの今週末のチャンスについては、ヘルムート・マルコは「ブラジルではチャンスがなかったし、カタールではセットアップを間違えた」とコメント。

「だが、我々はまだ先を行っている。今、我々はジェッダで反撃しなければならない。マックスにはまだチャンスがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン / F1サウジアラビアGP