レッドブル・ホンダF1、カタールで得意の低速コーナーでメルセデスに敗北
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、先週末のF1カタールGPでのレッドブル・ホンダとメルセデスのペース差は1つのコーナーが弱点だったことにあると語る。

F1カタールGPの週末はメルセデスF1のルイス・ハミルトンが支配し、2連勝を収めた。その結果、マックス・フェルスタッペンのチャンピオンシップのリードは8ポイントまで縮められ、残り2レースでのタイトル争いはさらに激化している。

マックス・フェルスタッペンは予選で0.455秒差をつけられ、さらに5グリッド降格ペナルティを受けたことで“ダメージリミテーション”の週末を迎えた。2位表彰台まで挽回し、ファステストラップの追加ポイントを獲得することでそれを完璧に実行した。

クリスチャン・ホーナーは、ロサイル・インターナショナル・サーキットでのレッドブル・ホンダとメルセデスの差は、ターン6が主なポイントだったと考えている。

「週末を通して私たちを差別化したコーナーが1つあったと思う。それはターン6だ」とクリスチャン・ホーナーはロサイル・インターナショナル・サーイットの最も遅いタイトな左コーナーについて語った。

「金曜日から日曜日まで、そのコーナーで毎周0.2秒をを失っていた。そこが我々が理解し、改善する必要があることの1つだと思う」

ロングストレートと全開セクションを備えたジェッダ・ストリートサーキットは、特にルイス・ハミルトンがF1ブラジルGPで大きな効果を発揮した新しいエンジンを再び搭載する予定であることを考えるとメルセデスにとって強力なトラックになると期待されている。

ブラジルでは直線スピードについて多くのことが語られていたが、メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショヴリンも、主にコーナリングで違いをもたらしたことに同意する。

「最近のいくつかのトラックでは、コーナーでレッドブルの匹敵し、ストレートでメリットを引き出してきたが、カタールでは逆になってしまった」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「我々はストレートで同等で、コーナーでタイムを見い出していた」

「そのタイムはどこから来たのか? 実際には2つの領域がある。1つはマシンが得ることができるダウンフォースだ。我々のパッケージはそこで非常にうまく機能し、多くのエイペックススピードを生み出すのに役立った」

「しかし、マシンバランスも良かった。それは我々がメカニカルなセッティング、スプリングとバー、そして、フロントウィングで調整するものだ」

「我々のドライバーはマシンに非常に満足していた。安定していて、彼らはコーナーを攻め、スピードを維持することができた。最終的にルイスのポールポジションを獲得した素晴らしいラップでそのデモンストレーションを目にした」

クリスチャン・ホーナーは、サウジアラビアのサーキットが「メルセデスに有利なはず」だと認めるが、ルイス・ハミルトンがジェッダで優勝した場合、最終戦のブライトなる改修されたアブダビのヤス・マリーナ・サーキットが魅力的なタイトル対決が提供すると考えている。

「次のトラックは間違いなくメルセデスに有利なはずだ。改修あれたアブダビはどうなるかは分からない」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「だが、それは信じられないほどタイトだった。最後のそれらのレースに向けて、ドライバーズチャンピオンシップで8ポイントリードし、コンストラクターでのチャンピオンシップリードを5ポイントに減らした」

「両方とも完全に狙えるところにある。それは素晴らしいだ。我々は今、この世界選手権のクライマックスにいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1