レッドブルF1代表 「後だしの映像証拠で覆ったら危険な前例になっていた」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、FIAがブラジルGPのマックス・フェルスタッペンを後から出てきた映像で罰していれば“危険な前例”を作ることになっていただろうと考えている。

メルセデスF1は、F1ブラジルGPの2日後に公開されたマックス・フェルスタッペンの前向きの車載カメラを新しい証拠として、ルイス・ハミルトンをコース外に追いやったマックス・フェルスタッペンの48周目のドライビングの再審を請求。

FIA(国際自動車連盟)は、長い審議の後、メルセデスF1の再審請求を棄却。調査の必要なしとしたスチュワードの判断を支持した。

クリスチャン・ホーナーは、遡ってマックス・フェルスタッペンを罰していたら、スチュワードがすでに判決を下した後に他の映像やカメラアングルを使用するという性質上、危険な前例を作ったと考えている。

「これはFIAにとって危険だ」とクリスチャン・ホーナーはスチュワードの評決が発表される直前にメディアに説明した。

「もし彼らがこのルートを辿れば、これからのすべてのインシデントが問われることになるだろう。iPhoneや観客の電話から証拠が出てくる。常に新しい、関連性のある、または重要であると見なすことができる何かが出てくるだろう。私はスチュワードが彼らの判断をしたと思っている」

「イベント後、彼らのリストにも言及されてさえいなかった。問題ではなかった。2人のドライバーが激しくレースをしていた。どちらも実際には深く入り、遅れて入り、二人ともサーキットを外れた」

「あの週末を通して、レースと土曜日の両方で、ターン4で多くのインシデントが発生していた」

トルコ(ペレスとハミルトン)とイタリア(フェルスタッペンとハミルトン)でのインシデントを振り返り、クリスチャン・ホーナーは明確な線を引く必要があると述べた。

「どこにその線を引くか?」とクリスチャン・ホーナーはコメントした。

「競合他社は可能な限りあらゆる角度からプッシュするつもりだろうが、その関連性は実際には分からない。この機会にこのインシデントが再びオープンになれば、それは危険な前例となると思う」


スチュワードがルイス・ハミルトンに対するフェルスタッペンの防御の調査を再開しないことを選択したことで、クリスチャン・ホーナーはこの判決が「正しい決定」であると歓迎した。

「あのレースで起こった他のたくさんのインシデントに関してパンドラの箱を開けることになっていただろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「今最も重要なことは、このグランプリに集中することだと思う。ここカタールにいることは素晴らしいことだ。良いサーキットになると思うし、ここだけでなくジェッダ、そして、アブダビでも、クリーンでフェアな戦いを望んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1