レッドブルF1代表 「フォームブックは片付けなければならない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1メキシコGPに先立ち、過去のフォームブック(記録簿)は片付けなければならないと語る。

レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンは、F1メキシコGPで優勢だと広く見なされている。フェルスタッペンは2017年と2018年に優勝し、2019年はグリッドペナルティを受けたが予選で最速だった。

だが、レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、どちらの候補が優位に立つかを予測することは不可能だと考えている。先週末、圧倒的にメルセデスとルイス・ハミルトンに有利と見られていたサーキット・オブ・ジ・アメリカズでレッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンが優勝し、1-3フィニッシュを果たしている。

「フォームブックを片付けなければならないと思う」とクリスチャン・ホーナーは言った。

「2チーム間は非常にタイトだ。メキシコは我々にとってトラックだったが、時には彼らにとってもトラックだった。したがって、我々は彼らを過小評価していた」

クリスチャン・ホーナーは、オースティンの成功はレッドブル・ホンダにとって重要であると強調した。

「すべて重要だが、これはルイスとメルセデスの牙城であったため、今回は大きな勝利だ」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「あそこでポールを獲得できたのは我々にとって画期的な瞬間であり、それから1周目でリードしていなくても、勝利に転向することできた」

オースティンの結果は、マックス・フェルスタッペンのリードを伸ばしたが、レッドブル・ホンダは自信を持ちすぎることはできないとクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「攻撃しなければなりません。したがって、12ポイントは何もないに等しい。以前に見たように、非常にすばやく消えることがある」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「したがって、レース週末で攻撃し続け、可能な限りそれらを最大限に活用する必要がある。残り5戦、プレッシャーはさらに大きくなるだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1