レッドブルF1代表 「ハミルトンのPU交換ペナルティを当てにはできない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンがシーズン終了までにPU交換ペナルティを受けなければならないかもしれないという見通しを“当てにしてはいけない”と語る。

ルイス・ハミルトンは、F1オランダGPでパワーユニットを1基失っており、現状ではF1ベルギーGPで導入した3基目と、それ以前の走行距離の長いユニットの2基で残り6レースを戦うことになる。

だが、メルセデスは、F1ロシアGPでバルテリ・ボッタスのパワーユニットを2戦連続で交換しており、プールに残っているエンジンに“疑問符”があることを認めている。

したがって、ルイス・ハミルトンは4基目のパワーユニットを導入し、使用基数制限超過によってグリッド降格ペナルティを受ける必要があると予想されている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、今週末のF1トルコGPでルイス・ハミルトンに戦略的なエンジ交換を行う“可能性”があることを認めている。

「最も重要なのは、信頼性の問題にとってDNFとならないことだ」とトト・ヴォルフは Sky SportsF1 に語った。

「2位でも3位でもスイングすることができれば対応できるし、それで大丈夫だと思う。チャンピオンシップは長く続くだろう」

「だが、フィニッシュでいないのは最悪だ。したがって、信頼性の問題に見舞われないことを確認しながら、エンジンのパラメーターを調べている」

「(エンジンを交換する)可能性はある。いつ、どのように行うかはまだ決定されていない」

ルイス・ハミルトンは、F1ロシアGPでPU交換ペナルティを受け、グリッド最後尾からハミルトンに次ぐ2位でフィニッシュしたライバルのマックス・フェルスタッペンに対して2ポイントのリードを築いている。

マックス・フェルスタッペンは、今シーズン、別のエンジンペナルティを回避できると確信しているかとの質問に「このエンジンで最後まで行けると思う」と答えている。

F1ロシアGPのレース後、クリスチャン・ホーナーはレッドブル・ホンダが残りのラウンドの1つでルイス・ハミルトンがグリッド降格することを“当てにする”余裕がないことを強調している。

「姉妹車や顧客チームで変更されているメルセデスエンジンの量を考えると、ペナルティが発生する可能性があると予想される」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「だが、もちろん、それを当てにすることはできない」

そして、クリスチャン・ホーナーは、タイトルレースは最後までデットヒートを繰り広げ、レッドブルとメルセデスの間で前後に揺れ続けることを期待している。

「ロシアやモンツァほど強く目立つサーキットはないと思うが、メルセデスが強いのは確かだろう」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「彼らは去年トルコで勝った。彼らはそこで強いだろう、しかし、それから我々がとても得意としているオースティンがくる」

「ブラジル、メキシコ、常に我々が強かった。カタールについては何も分からない。ジェッダについても何も分からない」

「そのあとはアブダビだ。テーブルに残っているものは50/50であり、もう一方のチームよりもわずかに多いチームを支持していると言える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス