レッドブルF1代表 「タレントは不足していないがアルボンを失うのは惜しい」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年にアレクサンダー・アルボンに代わる“タレントは不足していない”が、アルボンの経験と仕事率を失うのは惜しいと語る。

2019/2020シーズンにトロロッソとレッドブルからF1に参戦したアレクサンダー・アルボンは、2022年にジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズでF1復帰することが決定。

アレクサンダー・アルボンは、2021年のレッドブル・レーシングのシートは失ったが、チームのテスト兼リザーブドライバーの役割にとどまり、舞台裏でチームの作業に深く関わってきた。それには、2022年マシンの開発、グランプリ週末の初期段階のセットアップのトライアルの両方におけるシミュレーターの広範囲な任務が含まれている。

「彼の経験と労働倫理を惜しむのは間違いないだろう。彼は非常に強いチームプレーヤーだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「だが、私たちには素晴らしい若いタレントがいる。F3のユーリ・ビップス、リアム・ローソン、デニス・ハウガーも成長している。タレントは不足していない。もちろん、セバスチャン・ブエミやジェイク・デニスのような経験豊富な男たちもいる」

「アレックスはシーズンの終わりまで我々と一緒にいいる。次の3か月間の彼の仕事率は重要になるだろう」

また、クリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンの将来をめぐる関係者間の“ストレート”な議論を称賛した。

「ウィリアムズは鋭い欲求を持っていたし、それは常に良いスターティングポイントだった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「途中でいくつかの小さな障害があったが、彼らとの取引は非常にストレートだったと言わなければならない。すべての人にとって良い結果が得られたことをうれしく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アレクサンダー・アルボン