レッドブルF1代表 「マックスの後ろのメルセデスは2台で戦略を分割できる」 / F1オランダGP 予選
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年F1オランダGPの予選を振り返った。

レッドブル・ホンダは、自身初の母国GPで今季7度目のポールポジションを獲得した一方で、セルジオ・ペレスがトラフィックに阻まれてQ1で敗退。クリスチャン・ホーナーはメルセデスの2台を相手にしなければならない決勝を警戒している。

「ホームの観客の前で大きなプレッシャーのなか、オランダGPでポールポジションを獲得した最初のオランダ人になったマックスのパフォーマンスは素晴らしかった」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「今やマックスは多くのレース経験を積んでおり、近年のプレッシャーへの対処は見事だ。今日、彼は素晴らしい仕事をした。オーバーテイクが難しいコースだし、彼は明日のレースをスタートするのに絶好の場所にいる。仕事の最初の部分は完了だ」

「セルジオに関しては、十分な時間を残してQ3に送り出したが、全員がピットレーンで停滞し、最終的に彼のアタックを犠牲にした。わずか1秒半で走行できなかった。彼とチームにとって非常に苛立たしいことでだったし、明日は反撃しなければならない」

「スタートに目を向けると、マックスのすぐ後ろに2台のメルセデスがいる。彼らはオプションを分割できるので、我々は頭を下げて自分たちのレースに集中することが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1オランダGP