レッドブルF1代表 「ミディアムでメルセデスのタイムに匹敵できなかった」 / F1ハンガリーGP 予選
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年F1ハンガリーGPの予選を振り返った。

チャンピオンシップリーダーとしてブラペストに入ったレッドブル・ホンダだが、今週末は苦戦を強いられている。Q2をミディアムで突破することができず、Q3ではメルセデスにフロントロー独占を許した。

「メルセデスはここで週末ずっと速かったが、Q2でのマックスのタイムはかなり印象的だった。Q3で彼はマシンのバランスに完全には満足していなかったし、3番手が精一杯だった。マックスとチェコで2列目をロックアウトすることで選択肢が広がるし、前のメルセデスとは異なる戦略を獲れるので、エキサイティングなレースになるだろう」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「我々はミディアムでルイスが出したものと同じタイムを出すことができなかったし、戦略的に異なるルートを取った方が良いと感じた。スタートにはソフトタイヤが好ましいし、ここではオーバーテイクがいかに難しいかを分かっているので、選択が重要になるだろう。ルイスはQ1の最初のラップで素晴らしい走りを見せていたし、彼は最後のアウトラップで我々のマシンにアドバンテージを与えたくなかった。残念ながら、それによってチェコは2回目のQ3ランを逃してしまった」

「ちょっとしたゲームマンシップだった。彼はトラックポジションを持っていたのでそれを行う権利があるし、問題はない。重要なのは明日だ。シルバーストンとブラペストがメルセデスの牙城であることは分かっている。昨年の彼らのパフォーマンスを見れば、我々はシルバーストンで1秒遅れていたし、ここではそれ以上だったので、ここまで近づけたことは励みになる。戦略もグリップレベルも異なる。明日は良いスタートを切って、彼らと戦う。チャンピオンシップ後半戦は長いし、一見の価値があるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1ハンガリーGP