レッドブル・ホンダF1代表 「メルセデスの敵対的な声明に驚いた」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPでのルイス・ハミルトンへのペナルティに対する異議申し立てが棄却された後、メルセデスF1の“敵対的”な声明に「驚いた」と語った。

ルイス・ハミルトンはF1イギリスGPでのマックス・フェルスタッペンとの接触に10秒のペナルティを科され手が、レッドブルF1はそれが適切ではない意見に固執。ヘルムートマルコは、ハミルトンを失格もしくは出場停止にするべきだと主張した。

その後、レッドブルF1は、正式に異議申し立てを行い、木曜日に公聴会が行われた。レッドブルF1はアレクサンダー・アルボンにルイス・ハミルトンのラインを再現させた映像などの証拠を提出したが、「新しく、重要で、関連性のある」ものではなかったとして訴えを棄却した。

スチュワードが棄却した後、メルセデスF1はレッドブル・ホンダに対して強い反論を表明した。

「この決定が、ルイス・ハミルトンの名声とスポーツの誠実さを損なうというレッドブル・レーシングの上級管理職による協調的な試みの終わりを示すことを願っている」とメルセデスは語った。

クリスチャン・ホーナーは、ペナルティに抗議するというレッドブルF1の決定を支持し、上訴が棄却された後、メルセデスが“敵対的”な反応したことに驚いたを認めた。また、ペナルティの決定に抗議する決定は、マックス・フェルスタッペンの世界選手権のライバルだけでなく、同じ状況でグリッド上のすべてのドライバーに対して行われたであろうと主張した。

「あまり深くは読んでいないが、メルセデスの発言はやや敵対的だ」とクリスチャン・ホーナーはハンガロリンクの記者団に語った。

「1人のドライバーについて個人的な問題は何もない。起こった出来事についてであり、2人の男の競争についてだ。個々のドライバーを問題視しているわけではない」

「それが他のドライバーだったとしても同じ反応をしていただろう。だから、メルセデスのコメントに少し驚いた」

決断が下された今、クリスチャン・ホーナーは、チームとして気持ちを切り替えて、今週末のF1ハンガリーGPに集中していると語った。

「我々はそれを過去のものにしている。我々の焦点はコース上に向けられているし、シルバーストンのスプリントレース後も勢いに基づいて構築しようとしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス