レッドブルF1首脳 「フェアな戦いであればメルセデスには負けない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のタイトルタイトル争いは今後さらに“緊迫”したものになるだろうと語る。

先週末のF1イギリスGPでは、メルセデスF1のルイス・ハミルトンとチャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンが接触し、フェルスタッペンはリタイア。ヘルムート・マルコは、ハミルトンにより厳しいペナルティを追求できるかどうかを調査するために弁護士を雇った。

「彼(弁護士)は、既存のスポーツ法の枠内でそのような状況で何が可能かを調べれくれるはずだ」ろヘルムート・マルコは Kronen Zeitung に語った。

「何もしないわけにはいかない。マックスに深刻な事態が発生しなかったのは本当に幸運だった。クルマとおそらくエンジンはスクラップだ。それは不可能だ」

「レース出場停止が適切だろう。彼による無責任な行為だった。ハミルトンは結果がどうなるかを知る必要がある。レース出場停止がちょうどいいだろう」

F1イギリスGPで接触事故を起こす前から、タイトルを争うルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの戦いはすでに激化していた。

「関係が今さらに激しいものになるのは確かだろう」とヘルムート・マルコは RTL に語った。

「このように言い換えてみよう。決してリラックスした関係ではなかった

「しかし、それは観客にとってはエキサイティングだ。我々はフェアでスポーツ的な方法で行動する」

「我々は素晴らしいパッケージを持っていることを知っている。これは大きな後退であり、それについては疑いの余地はない。非常に不当なものだと思う。しかし、我々はそれを受け入れるのに十分強い」

「シルバーストンでのスプリントは簡単に勝ったし、メインレースにも勝っていただろう。それは非常に明白だった。今年はすべてのレーストラックで競争力があることを証明した。

「ブダペストは、トラックの特徴がまったく異なるものの、似たようなものになるだろう。常にメルセデスが支配してきましたが、我々がそれを恐れる理由ではない」

「再び非常に接戦になると思うが、デュエル(決闘)がフェアなレベルで行われることを願っている。そうすれば、再び勝てると非常に楽観視している」

しかし、ルイス・ハミルトンの10秒のペナルティは“馬鹿げてる”とし、ヘルムート・マルコは「レギュレーションに責任があるかもしれない。かなりの制約がある」と語る。

「スチュワードシステムを含め、コードを修正する必要があるだろう。ペレスはトラックから何も飛ばずにわずかな接触で5秒ペナルティを得た。彼らはハミルトンにドライブスルーを与えることもできたはずだ。しかし彼らはそうしなかった。」

しかし、元F1ドライバーで英国のコメンテーターであるマーティン・ブランドルは、“新しい証拠”が明らかになった場合にのみ、レッドブルF1がルイス・ハミルトンのペナルティに異議を唱えることができると語る。

「レッドブルからルイスは他のどの時よりもコプスにかなり速く入ったことを証明するデータがあると聞いている。彼はワイドに走らなければコーナーを通過できなかったはずで、それによりマックスとの衝突が避けられなかったということだ」とマーティン・ブランドルは Sky に語った。

「おそらく、それは公に利用可能になるだろうし、レッドブルが新しい証拠を持っていると感じた場合、ハミルトンに関して彼らが認識した過失と寛大さに関してFIAに訴えるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス