レッドブルF1首脳 「ハミルトンはアルボンのキャリアを破壊した」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、昨年のF1オーストリアGPでルイス・ハミルトンが接触することがなければ、アレクサンダー・アルボンの2022年とF1キャリアはまったく異なる方向に進んでいた可能性があると考えている。

レッドブル・レンクで開催された2020年シーズンの開幕戦。レース終盤に発生したリスタートでは、メルセデスF1のバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンがフィールドをリードしていた。

しかし、ターン4までにアレクサンダー・アルボンはルイス・ハミルトンに追いつき、アウトサイドから仕掛けたが、ハミルトンはアルボンをグラベルに追いやってスピンさせ、優勝争いから脱落させた。

アレクサンダー・アルボンは最終的に残り4周でレースからリタイアしたが、ルイス・ハミルトンは2019年のF1ブラジルGPでアルボンに多大な損害を与えたのんををほぼ模倣した動きで5秒ペナルティを科せられた。

しかし、ヘルムート・マルコは、オーストリアでのその衝突が、その日の結果以上にアレクサンダー・アルボンの運命に影響を与えたと考えている。

「ターン4はハミルトンがアルボンのキャリアを破壊した場所で有名だ」とヘルムート・マルコは Motorsport-Total に語った。

「ハミルトンが2020年にあそこでぶつからなければ、アルボンはレースに勝っていただろう!」

「そうなれば、もちろん精神と自信が非常に異なって発達し、おそらくすべてが非常に異なっていただろう」

今年、同じレッドブル・リンクでのF1オーストリアGPで、セルジオ・ペレスがマクラーレンのランド・ノリスに対して示したように、アウトサイドからライバルを追い抜くというアレクサンダー・アルボンのアタックにはリスクがあったと主張する人もいるかもしれない。

しかし、ヘルムート・マルコは、ライバルの外側に十分なスペースを残すことは、内側にいるドライバーの責任だと主張する。

「彼らは他の人にスペースを与えながらレースをしなければならない」とヘルムート・マルコは語った。

「あそこでノリスは間違いを犯した。彼はペレスがアウトサイドを抜けるのを見て、彼にスペースを与えるべきだった。だが、彼はそうしなかった。だが、ペレスが試みなければ、我々の後ろに退屈な遅れが生じていただろう。それも我々が望んでいることではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン / アレクサンダー・アルボン