レッドブルF1首脳 「ベッテルはストロールパパのチームのナンバー1」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンF1で“ナンバー1”として再び上したと語る。

レッドブルF1の悪名高いドライバープログラムの責任者として、ヘルムート・マルコはセバスチャン・ベッテルをティーンエイジャーでF1に連れて行き、4回のF1ワールドチャンピオンに育て上げた。

その後、フェラーリF1に移籍したセバスチャン・ベッテルは、昨年酷いシーズンでそのスティントを終えたが、今年移籍したアストンマーティンでも序盤は慣れないマシンに苦戦した。

だが、モナコで5位入賞を果たしたセバスチャン・ベッテルは、続くバクーで過去の速いフォームのいくつかを見つけ始めた。ヘルムート・マルコの言葉を借りれば、バクーの表彰台に立ったのは「我々が知っているベッテル」だった。

「彼が表彰台に立つのを見るのは素晴らしかったが、何よりも彼の追い越しを見ることができた。ガスリーとの戦い。最初のラップもそうだ」とヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に語った。

「このようなターンアラウンドが比較的短期間で達成されたことを非常に嬉しく思う。他のサーキットでもそうなることを願っている」

最後に、メルセデス、そして、ローレンス・ストロールが所有するアストンマーティンと困難な関係が続くヘルムート・マルコは、億万長者のローレンス・ストロールと彼の息子のランスに一言言わずにはいられなかった。

「ベッテルはストロールチームのナンバー1だ。おそらくパパはあまり気に入らないだろうがね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン