レッドブルF1幹部 「メルセデスが抗議してスキャンダルを起こすことはない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1アゼルバイジャンGPでフレキシブルウイングに抗議すると警告するメルセデスが実際に行動に移すことはないと考えている。その場合、レッドブルだけでなく、他の3チームにも影響を与えるからだ。

F1スペインGPで沸き上がった“曲がるウイング(ベンディウイング)”論争。ルイス・ハミルトンのコメントは、レッドブル・ホンダ RB16Bのリアウイングがかなり曲がっているビデオの証拠に裏付けられた。

レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、突然の精査に驚いたことを認め、レッドブルの2021年F1マシンはFIA(国際自動車連盟)の“合格しなければならないあらゆる種類の異なるテスト”に合格していると主張した。

それにもかかわらず、FIA、ポールリカールでのF1フランスGPからより厳格な剛性および負荷テストを導入し、すべてのF1マシンのリアウイングのチェックを強化する。

だが、F1モナコGPおよびF1アゼルバイジャンGPでは新たな検査を導入せず、現在基準を超える可能性のある柔軟な翼を実行しているチーム(レッドブル、フェラーリ、アルファロメオ、アルパイン)がロングストレートが特徴のバクーで現状のリアウイングを走らせることができるFIAの決定にメルセデスとマクラーレンは不満を抱いており、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフはレッドブル・ホンダに抗議すると警告している。

しかし、ヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダF1に抗議を脅しているのはトト・ヴォルフのブラフだと考えている。

「メルセデスは8台の車に抗議しなければならないだろう」とヘルムート・マルコは F1-Insider.com に語った。

「我々に加え、フェラーリ、アルファロメオ、アルピーヌも影響を受ける。本当にそうして大きなスキャンダルを引き起こしたいのだろうか? 私はそうは思わない」

「特にメルセデスのフロントウィングはそのエリアで最も不安定な候補であるため、フロントウィングのテストも強化されると予想している。いずれにせよ、どこにも抗議の可能性がある」

ヘルムート・マルコは、レッドブルがF1フランスGPまで改訂されたリアウイングを導入することを保証し、新しい付属物を設計するタスクはすぐには実行できないと主張した。

「FIAが要求する時間に必要な新しいテストに合格するようにウイングを変更している」とヘルムート・マルコは語る。

「しかし、それはバクーではうまくいかない。リアエンド全体を調整する必要があるため、時間の観点からそれを行うことはできない。新しいグランドピアノを作ることはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス