レッドブル・ホンダF1、ディフューザー上部に鋸歯状のスロットを追加 / F1モナコGP  アップデート解説
レッドブル・ホンダF1は、今季マシンRB16Bに積極的にアップデートを追加しており、F1モナコGPではディフューザー上部のターニングベーンに鋸歯状のスロットが刻まれた。

このような小さな鋸歯は、ディフューザーの性能を向上させるための多くの小さな渦を発生させる。これらの渦は中心大量の吸引力を生成し、例えば、掃除機メーカーは、このコンセプトを使用して製品のパフォーマンスを向上させている。

F1マシンでは、フロア下のディフューザーの吸引力が向上する。

モナコの平均車高は他のどのトラックよりも高いため、レッドブルのハイレーキ哲学からさらにダウンフォースを得るのは簡単ではない。そして、今年はレギュレーションでフロアが削減されたことで、このエリアのパフォーマンスを向上させることができるものはすべてメリットになる。

また、これはレッドブルの後ろに乱気流を増大させる可能性があり、メルセデスがレースでトウを利用して追い越すのを少し難しくする可能性がある。モナコではすでに追い越しは難しいが、さらに難しくすることは悪いことではない。

レッドブル・ホンダ RB16B ディフューザー上 / F1モナコGP

鋸歯状のデザインは、F1では新しいものはなく、過去にも使用されてきました。たとえば、ウィリアムズは2004年にモンツァのリアウィングで同様のディテールを採用している。ただし、これはローダウンフォースのリアウィングのダウンフォースとドラッグの比率を改善するというまったく別の理由だった。

ウィリアムズ 2004 F1イタリアGP

最近では、2016年にメルセデスのリアウイングエレメントの後縁に歯が設けられ、2019年にもこのコンセプトが実験された。これは、DRSが開いているときにメインエアフローを下側にくっつけたまま、DRSを閉じた後の再びくっつけるのを改善するためだった。

メルセデス 2016 F1 リアウイング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1モナコGP