レッドブルF1代表、各チーム代表とトラックリミット規則の話し合いを要求
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーはは、F1スペインGPの土曜日に開催される定例の集まりでトラックリミットのルールを変更する必要があるかどうかについて各チーム代表らと話し合うことになると語る。

F1グランプリでは、すべてのイベントでF1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリがF1チームの代表と会い、スポーツの最新動向について非公式に話し合っている。

先週末のF1ポルトガルGP以降、トラックリミットは議論の的となっている。マックス・フェルスタッペンがポールポジションとファステストラップを失ったことで、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーはこの話題を議題に挙げると語っていた。

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンがルールに違反したことについては議論はないが、トラックリミットがどのように適用されるかについての一貫性については議論の必要があると考えている。

一部のコーナーでは縁石を超えて走行することが許されているが、他のコーナーではトラックの端の白線が境界線になるなど、サーキットやコーナーによって定義はまちまちだ。

クリスチャン・ホーナーは「我々にとって重要なことは、我々がトラックリミットを超えていたことだと思う。ポルトガルでのラップタイムやバーレーンでのオーバーテイクでは明らかに超えていた」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sports に語った。

「しかし、トラックごと、コーナーごとの一貫性は問題だと思う。チームが理解するのが難しい場合、ファンにどのように説明できるというのだろうか」

「我々にとって、白線なのは、もしくは、中にいるのか外に出ているという状況は『このコーナーは大乗だが、あのコーナーは駄目だ』というのは混乱するし、明日チームプリンシパルの間で議論されることになると思う」

クリスチャン・ホーナーは、コックピットからの視界が悪いため、ドライバーが自分のマシンで縁石をどこまで乗り越えることができるかを完全に判断することが非常に困難になっていると説明する。

「地獄のようにプッシュしているとき、実際にマシンの乗っていると、その白線がどこにあるかを判断することは非常に難しい」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「ランブルストリップスなどがあるわけではない。マックスは絶対に限界で走っていた。それはみんなが望むことだ。そして、それは明らかに最小のマージンだった」

「彼は逃したが、それは仕方ないことだ。チームとしてだけでなく、サーキットやFIAにとっても、前進していくために、そこから学ぶことはたくさんあると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1