レッドブルF1、ホンダと2022年以降のF1パワーユニットの継続使用で合意
レッドブルは、ホンダのF1パワーユニット技術の引き継ぎに合意したことを発表。新たにパワートレイン会社を設立した。

2021年シーズン借り着でF1から撤退するというホンダの決定に続き、レッドブルは2022年シーズンからホンダのF1パワーユニット技術を使用することでホンダと合意に至った。

この発表は、2022年シーズンから発行するF1パワーユニットの開発凍結の導入に続くものとなる。レッドブル/ホンダの合意は、開発凍結の期間をカバーし、レッドブル・レーシングと姉妹チームのスクーデリア・アルファタウリのF1マシンの両方で、次世代F1エンジンが2025年に導入されるまでホンダのパワーユニットテクノロジーの使用を可能にする。

レッドブルは、プロジェクトを実行するために、Red Bull Powertrains Limitedという名前の新しい会社を設立。この新しい部門は、ミルトンキーンズイのレッドブル・テクノロジーのキャンパスにあるレッドブル・レーシングのF1チームベースに収容および運営される。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコ博士「この話題についてホンダとしばらく話し合っており、2022年からパワーユニットの開発を凍結するというFIAの決定を受けて、ついにホンダのハイブリッドパワーユニットの継続使用について合意に達することができた」とコメント。

「この点でのホンダの協力と、レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリの両方が競争力のあるパワーユニットを持ち続けることを確実にするのを助けてくれたことに感謝する。Red Bull Powertrains Limitedの設立は、レッドブルによる大胆な動きだが、慎重かつ詳細な検討の結果、我々が行ったことだ。我々は、必要とされる多大なコミットメントを認識しているが、この新しい会社の設立は、両方のチームにとって最も競争力のある選択肢であると信じている」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「この合意は、レッドブルにとってF1の旅における重要な一歩を表している」とコメント。

「ホンダがエンジンメーカーとしてのスポーツを辞めることを決定したとき、我々の関係はすでに成功したていたので、当然のことながら失望したが、この新しい合意を促進するための彼らのサポートに感謝している。ホンダは、両チームに競争力のあるパワーユニットを確実に供給するために、ハイブリッド技術に多額の投資を行ってきた。現在、パワーユニット部門を社内に持ち込み、新しい施設と人員をテクノロジーキャンパスに統合する作業を開始している。その間、我々は公式のパワーユニットサプライヤーとしてのホンダの最終シーズンとなるであろう最高の結果を達成することに全力を注いでいく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1