レッドブル・ホンダ RB16:2021年規定のフロアのテストを実施 / F1ポルトガルGP 技術解説
レッドブル・ホンダF1は、F1ポルトガルGPに2021年の新しいフロア規定に対応するための準備を進めていた。Formula1.com でマーク・ヒューズが解説した。

2021年のF1世界選手権では3期連続で使用されることになるピレリのF1タイヤとチーム側のレギュレーション成熟度を相殺するために10%のダウンフォース削減を目指してフロア部分の変更を含めた変更が施される。

下の図に示すように、フロアは後方にむけて100mm狭く先細っていく必要がある。また、現在のフロアのスラットと開口部(下の黄色の丸で囲んだ部分)は禁止されている。また、ブレーキダクトフィンを制限するさらなる変更との複合効果によってダウンフォース削減を図る。
2021年F1マシン:フロア規定
新型コロナウイルスの影響によって2021年も現在と同じシャシーを使用しなければならないという事実は、2020年マシンで来季用のパーツを試すというユニークな機会を与えている。

F1ポルトガルGPのフリー走行では、レッドブル・ホンダとマクラーレン、そして、フェラーリが来年のマシン開発の方向性をより明確にするための情報収集を行った。特にフェラーリは3部構成の空力アップデートを完了させただけでなく、2021年のフロアとそれに付随するディフューザーをテストするという忙しいセッションを過ごしていた。

新しい制限がダウンフォースにどれくらいの影響を与えるかについてチーム間の意見は異なっている。

最初に変更が発表されたとき、レーシング・ポイントF1のテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは「その変更は非常に重要な変更であり、空力的に非常に大きな打撃を与える。 2021年に導入される時点までに誰かがそれを克服する開発ができていたとすれば私は驚くだろう」と語っている。

「2021年マシンは2020年マシンよりも遅いと完全に予想している。おそらくそうなるでしょう。シーズン序盤にチームは拮抗するだろうが、それでもビッグチームは少し早く抜け出すことができると思う」

「それは非常に小さな変化だが、フロトはマシンパフォーマンスにかなり大きな影響を与える。2021年に関しては、残念ながら、それは単なるフロアの再開発だけではどうにもならない。それを取り戻すには、ほぼ前後の空気力学の再開発が必要だ。そのため、我々の焦点を2021年に向けられなければならないことはすぐに明らかになった」

F1ポルトガルGPでは、2021年にむけたレッドブル・ホンダ、フェラーリ、マクラーレンの舞台裏で行われる作業が垣間見れた。フェラーリの2021年版のフロアは、横方向のスロットの配列がなく、リアタイヤの幅全体でわずかなオーバーラップしかないことからも認識できる。

フェラーリ 2021年版フロア

フェラーリの2021仕様のフロア。2020年のレギュレーションで許可されている寸法は赤い線で表示



フロアにはスロットはなく、後方に向かう空気の流れを調整するためだけに存在し、リアタイヤからできるだけ多くの空気を逃がそうとしている。このフロアは、金曜日の各練習セッションでセバスチャン・ベッテルによって簡単にテストされた。

そのフロアには、レギュレーションによってフェンスの下部から50mmが削られた2021版ディフューザー(下)も組み込まれた。これらのフェンスは、フロア下を通過する気流を回転させて進行を妨げないようにベーンを回転させ、衝突構造に積み重なるのを防ぐ。これにより、気流の速度が低下し、ダウンフォースが発生させる。
フェラーリ 2021年仕様ディフューザー
フロアから50mmのベーンを削ることで、ディフューザーの効果は低下する。特に高い車高で走行する際の低速コーナーでは大きな影響がでる。チームは、この失われたダウンフォースを可能な限り取り戻そうとしているが、CFDおよび風洞モデルでこれらの変更のシミュレーションが正確であることを知っておく必要がある。したがって、マシンの速度範囲で物理的なフロアへの圧力をテストすることと、フロービズペイントを適用して気流が実際にどうなっているかを理解することができる。

レッドブルは金曜日に2021年仕様のフロアでほぼ同じ実験を行った。マクラーレンはすでにスパでそのバージョンを走らせている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1マシン