レッドブルF1代表 「アルボンはこの2連戦で自分を証明する必要がある」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンは今週末のF1ポルトガルGP,そして、イモラで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPで自分が2021年のシートに相応しいことを証明する必要があると語る。

今年、マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに匹敵できていないアレクサンダー・アルボンはレッドブル・ホンダのシート喪失が噂されている。

以前、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1トルコGPまでに2021年のレッドブル・レーシング、およびアルファタウリ・ホンダの4名のドライバーを確定させたいと語っていた。

クリスチャン・ホーナーもその発言を裏付けるように、アレクサンダー・アルボンは、今週末のF1ポルトガルGPと来週末のF1エミリア・ロマーニャGPで高いレベルでパフォーマンスを示さなければならないと語った。

「我々はアレックスがそのシートを掴み取り、基本的に他の選択肢を検討する必要なないことを正当化してほしいと思っている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「チームの誰もが彼にそうしてもらいたいと思っていると思う」

「ムジェロで彼はコーナーを曲がり始めているように感じた。彼はいくつかの困難な週末を過ごしており、彼はここで挽回する必要があると思う。特にイモラは最初から最後まで強い週末を過ごさなければならない。それが我々の焦点であり、それが我々の目標だ」

アレクサンダー・アルボンは、今年これまでにレッドブル・ホンダの211ポイントのうち64ポイントを獲得している。
「彼はチームの人気メンバーだが、メルセデスと戦うためには2台のマシンを近づける必要がある」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「そして、それが我々がやらなければならないことだ。それが我々の目標だ」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンの代わりにアルファタウリのドライバーであるピエール・ガスリーやダニール・クビアトを昇格させるつもりはないことを確認した。

「アルファタウリは彼らのドライバーにかなり満足していると思う。言ったように、我々にとって非常に望ましいのはアレックスだ。しかし、別の解決策を検討する場合、明らかにレッドブルのドライバープールの外を見る必要がある。採用できるドライバーがいないためだ。もちろん、マーケットには何人か資質のあるが、来年のために失業する可能性があるドライバーがいる」

レーシングポイントのセルジオ・ペレス、チームのリザーブドライバーであるニコ・ヒュルケンベルグ、ハースF1のロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンなど経験豊富なF1ドライバーが来シーズンに向けて市場に出回っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アレクサンダー・アルボン