レッドブルF1 「競争力を維持できるのはホンダF1エンジンの自社開発だけ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年以降に競争力を維持できる解決策はホンダのF1エンジンを自社開発するという選択肢だけだと語る。

ホンダが2021年シーズン限りでF1から撤退することで、2022年からレッドブルにはエンジンがなくなる。いくつかの選択肢はあるが、ヘルムート・マルコはホンダのF1エンジンを引き継いで自社で開発する以外に競争力を維持することはできないと考えている。

「2022年には様々なエンジンオプションがあるが、簡単な状況ではない。それを認識しなければならない。メルセデス、ルノー、もしくはフェラーリのエンジンを入手する場合、我々のパフォーマンスは、エンジンを提供するメーカーに依存する。そのため、そのようなシナリオは我々にとって満足のいくものではない」

ヘルムート・マルコは、ホンダのF1エンジンを自社で開発することだけが成功を保証すると語る。

「これらのシナリオは我々には素晴らしいものには聞こえなかったので、我々はさらに調べて、ホンダからF1エンジンを購入するというアイデアを思いついた」とヘルムート・マルコは Sky Sports に語る。

「しかし、それはエンジンの開発が2021年から新しいエンジンフォーミュラの導入まで凍結されるという1つの条件の下でのみ可能だ。そうなった初めて我々は競争力を持つことができる」

しかし、日本からヨーロッパにすべての知識を持ち込むことは簡単な仕事ではない。

「その場合、新しいエンジンフォーミュラが導入されるまで、現在のホンダエンジンを使用できるようにしたい。その後、すべてを英国に移す必要があり、日本人の助けが必要になる」とヘルムート・マルコは語った。

「それでも、そこから始めることは可能だと思う。 2022年までに自社のエンジンを維持したい。2025年までそれをやりたいと思っているが、それ以降もエンジンメーカーになることは目指していない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1