レッドブルF1 「アルファタウリと異なるエンジンを搭載する選択肢はない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングとアルファタウリが異なるエンジンサプライヤーを採用するという選択肢はないことを確認した。

ホンダが2021年シーズン限りでF1から撤退することを発表した後、レッドブルは両方のチームの新しいエンジンサプライヤーの検討を開始した。

アルファタウリは、常にレッドブルの“Bチーム”であり、現在は“姉妹チーム”として運営されている。2019年にレッドブル・レーシングがホンダのF1エンジンを採用して以来、両チーム間の関係ははるかに緊密なものになっており、アルファタウリはレッドブル・テクノロジーに大きく依存するようになっている。

クリスチャン・ホーナーは、そのことを念頭に置けば、レッドブル・レーシングとアルファタウリが再び異なるエンジンサプライヤーを使い始めることになれば、あまりに多くの問題を引き起こすことになるだろうと語る。


「多かれ少なかれ2 in 1のシナリオだ。プロジェクトとパワートレインの統合は類似しているため、両方のチームが異なるエンジンを使用することは考えられない」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「異なるサプライヤーではあらゆる種類のことが複雑になるだろう。両方のチームに異なるパワーユニットを用意することは理想からはほど遠い」

アルファタウリF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、チームが独自のギアボックスとリアサスペンションを設計しなければならない状況には戻りたくないと語る。それはレッドブルと異なるエンジンを搭載する場合に発生することだ。
「実際にプロセスを合理化しているので、レッドブル・レーシングと異なるパワーソースを使用したくはない」とフランツ・トストは説明する。

「アルファタウリが、独自のギアボックス、完全なリアサスペンションなど、そういったあらゆる種類のものを再び設計していくことは望んでいない。我々はレッドブル・テクノロジーと非常に緊密な協力関係にあり、それを継続したいと思っている。そのためには間違いなく同じエンジンが必要だ」

「我々は何年もの間、レッドブル・レーシングとの現在の相乗効果を生み出すことに取り組んできたが、そのためには同じパワーユニットが必要だ。両方のチームが異なるパワーユニットでレースをしている状況に戻りたくはない。両方のチームにとっても非常に重要であるため、そのような状況にはできない」

最近、2022年にF1エンジンの開発が凍結されなかった場合、レッドブルはアルファタウリとともにF1から撤退する準備ができていると報じられた。

レッドブルは、ホンダF1の知的財産を引き継いでパワーユニットを継続できるようになることを望んでいるが、競争力を維持するにはエンジンを開発しているライバルをブロックする必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ