レッドブルF1首脳 「メルセデスはホンダよりも大きなステップを果たした」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今年のホンダのF1エンジンは前進を果たしたが、レッドブル・ホンダはまだメルセデスの遅れをとっており、それは単純にメルセデスのF1エンジンがホンダよりもスピードを見つけたからだと語る。

ホンダのF1エンジンがまだメルセデスに遅れをとっているのは数字にも反映されている。ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスがチャンピオンシップ争いをリードし、11戦で9勝を挙げている。

それ以外の2レースは、どちらのホンダのF1エンジンを搭載するマシンが勝利を獲得。シルバーストンでのF1 70周年記念GPではレッドブルのマックス・フェルスタッペン、モンツァでのF1イタリアGPではピエール・ガスリーが勝利を挙げている。

ヘルムート・マルコは、2人のドライバーがレースに勝てたことはうれしく思っているが、ここまでメルセデスに近づけないとは考えていなかったと認める。

「今シーズンは2つの驚くべきことがあった」とヘルムート・マルコは Motorsport-Magazin に語った。

「まず何よりも、メルセデスが再び大きいなステップを果たしたことだ。それは彼らはフェラーリのF1エンジンがFIA(交際自動車連盟)によって禁止されるかどうか確信が持てなかったからだと思う。彼らはF1エンジンを改善するために非常に懸命に努力し、ホンダよりも大きなステップを離した」

「ホンダは我々に約束していたものを提供してくれたが、メルセデスの進歩は再び我々置き去りにした」

しかし、レッドブル・ホンダF1がメルセデスに近づけないのにはシャシー側にも理由がある。

「風洞で測定したものとトラックで見たものが一致しなかった。今年のカレンダーの作業によって正しく測定できなかった」

「しかし、今は状況ははるかに良くなっている。セーフティカーがなければ、フィールド全体を周回遅れにするができただろう」

「我々は近づいている。マシアンはより予測可能になってきている。ニュルブルクリンクは気温のおかげで例外的なレースとなった」

またヘルムート・マルコは、テクノロジーがメルセデスに利益をもたらしたと考えている。

「メルセデスのドライバーがコックピットでDASシステムをどのように操作していたかを見た。それがどれほどの利益をもたらしたかはわからないが、少なくともそれは不利ではなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス