レッドブルF1代表 「アルファタウリは姉妹チームへと変貌を遂げた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アルファタウリ・ホンダはもはやジュニアチームではなく、姉妹チームへと変貌を遂げたと強調する。

トロロッソ時代にはルーキーを起用することが多かったが、今年アルファタウリ・ホンダに名前を変えたチームはダニール・クビアト(102戦)とピエール・ガスリー(56戦)という経験豊富なドライバーを起用。ガスリーはF1イタリアGPでアルファタウリに初優勝をもたらした。

「ガスリーはアルファタウリでうまくやっており、今では私はアルファタウリをジュニアチームではなく、姉妹チームとして見ている。我々はF1で戦うドライバーたちに可能な限り最高のチャンスを与えようと努めている」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「フランツ・トストはチームで素晴らしい仕事をしているし、彼はガスリーのようなドライバーに満足していると思う。レッドブルからアルファタウリへの移動が彼にとってうまくいったことを見るのは良いことだ。トストはダニエル・リカルドやマックス・フェルスタッペンといったドライバーを助けるために素晴らしい仕事をしてきた。我々のゴールは独自のドライバーをトレーニングし続けることだ」

レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、F1トスカーナGPでF1初表彰台を獲得したが、以前として彼のシートはプレッシャーに晒されている。ピエール・ガスリーとの交代説、さらにはセルジオ・ペレスヤニコ・ヒュルケンベルグといったレッドブル以外のドライバーの名前も候補に上げられている。

クリスチャン・ホーナーは、そのよな推測にいくつかの余地を与えているものの、いつものように政治的にそのような噂に対応している。

「我々の若手ドライバーのグリープが薄くなりすぎた場合、我々は常に自分たちのドライバーのグリープ外にも目を向ける必要がある。それが起こる可能性があり得なくもないが、我々はその方法で働くことを好んでいないことを改めて言っておきたい。我々の焦点は自分たちのドライバーを成長させることにある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ