「レッドブルF1はマックス・フェルスタッペンに頼りすぎ」とハッキネン
元ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは、レッドブル・ホンダF1はマックス・フェルスタッペンに頼りすぎていると考えており、今後もアルボンへのサポートがメルセデスとの戦いにおいて重要になってくると語る。

F1トスカーナGPで、マックス・フェルスタッペンがオープニングラップでリタイアした後、アレクサンダー・アルボンが大荒れのレースで3位フィニッシュを果たし、待望のF1初表彰台を獲得した。

ミカ・ハッキネンは、レッドブル・ホンダがメルセデスに脅威を与える存在であるためには、今後、アレクサンダー・アルボンがより頻繁に上位争いに絡むことが必須だと考えている。

「レッドブル・レーシングにとってアレクサンダー・アルボンの3位は彼とチームにとって重要な結果だ」とミカ・ハッキネンは Unibet のコラムで語った。

「レッドブル・ホンダは速いが、チームがメルセデスへの戦うために、1人のドライバー、マックス・フェルスタッペンに頼っていることが多すぎる。このレベルでは強力なドライバーペアが本当に必要だ。ルイスとバルテリはメルセデスのためにとても良い仕事をしていると言えるのはそれが理由だ」

「アレックスの結果は、序盤戦で苦労した後、彼の後押しとなるだろう。レッドブルがアレックスがマックスをより定期的にサポートするのを助けることができれば、メルセデスにいくつかの問題を与えられる可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン / アレクサンダー・アルボン