レッドブル・ホンダF1 決勝分析:レースの世界は結果がすべて
レッドブル・ホンダF1は、2020年のF1世界選手権 第4戦 F1イギリスGPの決勝レースで、マシンのペースではメルセデスには劣っていたものの、2位表彰台と8位という結果を手にした。

予選ではマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに1秒差をつけられ、マシン自体のペースではメルセデスとレッドブル・ホンダの間には大きな差があることが浮き彫りとなった。

決勝でもそれは変わらなかった。レースペースでも常に0.4~0.5秒の差があり、マックス・フェルスタッペンは終始メルセデスを捕らえることができなかった。前戦同様、トップのルイス・ハミルトンはペースを制御し、常に10秒程度のギャップをフェルスタッペンとの間にキープしていた。

しかし、メルセデスにはタイヤがバーストするという問題が発生。ルイス・ハミルトンはトップでチェッカーを受けたものの、バルテリ・ボッタスはノーポイントに終わった。そして、マックス・フェルスタッペンは2位表彰台とファステストラップポイントを手にした。

「勝利の可能性があったから、ソフトタイヤに履き替えるためにピットインすべきではなかったと言われるのは分かる。後からこういうことを言うのは簡単だけど、僕は全く後悔していないし、ファステストラップを狙ってピットストップを行ったのは正しい決断だったと信じている」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「ルイス(ハミルトン)がラッキーだったという人もいるけど、首位を走行中にパンクを喫するのは不運だし、ボッタスも同様だ。3位が最大の結果かと思われたレースで2位ということに満足しているし、ポイントも稼ぐことができた」

「メルセデスには一周あたり0.4~0.5秒離されていたけど、後方のマシンに対しては1秒ほど速いペースだったので、孤独なレースだった」

もし、レッドブル・ホンダがファステストラップを狙いに行かなければ、マックス・フェルスタッペンが優勝していたかもしれない。だが、レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは第2スティントで履いていたマックス・フェルスタッペンのハードタイヤにも亀裂が入っており、ピットインしなければ、メルセデス勢と同じようにパンクしていた可能性がある。

また、ペースで劣るシャルル・ルクレール(フェラーリ)が後続に蓋をして、さらにロマン・グロージャン(ハース)がミディアムタイヤでしばらく居座ったことで、マクラーレンやルノーといった他の脅威に晒されることもなかった。

対メルセデスで見れば、マシンの実力としては劣っていたことには変わりないが、F1イギリスGPではRB16が改善をみせていた。

マックス・フェルスタッペンは、3位でフィニッシュしたフェラーリのシャルル・ルクレールに常に10秒以上の差をキープ。開幕3戦でレッドブル・ホンダよりも速いと評価されていたレーシング・ポイントの“ピンクメルセデス”もレース終盤にはアレクサンダー・アルボンが華麗にオーバーテイク。パワーランキングは変化した。

レッドブルのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーも「予選選でメルセデスにギャップをつけられていただけに、マックスが2位とファステストラップをマークしたことはチームにとって素晴らしい結果だ」と語る。

「ハンガリーからここに来て、我々はチームとして進歩していると感じている。今日を見ればレースでは何が起きるか分からないことが証明された。とにかくプッシュして、前に向けてプレッシャーをかけていかなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP