レッドブルF1代表 「メルセデスはまだペースを制御している」
レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、大きなアドバンテージを示しているメルセデスF1はまだすべてのパフォーマンスを発揮しているわけではないと考えている。

開幕3戦で明らかになったメルセデスF1のアドバンテージは、シルバーストーンでの第4戦F1イギリスの予選でより明確なものとなった。ほぼメルセデスの2台の戦いとなった予選で、3番手のレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはトップから1秒差をつけられた。

開幕3戦の惨敗を受け、レッドブル・ホンダF1は多くの新しいパーツをシルバーストーンに持ち込んだ。初日のフリー走行ではバランスが改善されたように見えていた。

「両方のマシンで忙しいセッションだった。もちろん、ブダペストの問題のいくつかを理解しようとしていたわけで、生産的なセッション、忙しいセッションだった。両方のマシンで異なるプログラムでかなりの数のことを試せたので賢明な週末のスタートだと言えるだろう」とクリスチャン・ホーナーはFP1後に語っている。

今回の空力アップデートは、あらかじめ計画されていたものとは異なるF1ハンガリーGPの結果を踏まえてのものだとクリスチャン・ホーナーは語る。

「ハンガリーに対する反応だ。したがって、すべてマシンから出てきたデータを基にしており、ファクトリーは信じられないほど長い時間働いていた。そのため、今週末、マシンに搭載されているコンポーネントは、ハンガリーのデータとフィッドバックから我々が見たものに対する直接の反応だ」

「マシンのフロントの哲学の一部は冬の間に変更したが、理解する必要のあるいくつかの異常が出ていると思う。チームはこれらの問題を理解し始めるために信じられないようないい仕事をしており、今週末ここに持ち込んだパーツが、それらの問題のいくつかに対処していくことを期待している。最初のセッションはポジティブなスタートであり、残りの週末はそれを土台にしていく必要がある」

レース前、マックス・フェルスタッペンは、メルセデスとタイトルを争えるようになるまで時間がかかると語っており、レギュレーションが変わる2022年までそれは叶わないかもしれないことを示唆していた。

「我々はメルセデスがターゲットであることを分かっている。彼らは非常に競争力のある仕事をしているし、現時点で非常に完成されたマシンとパッケージを手に入れている。彼らはベンチマークを非常に高く設定しており、我々はその課題に取り組む必要がある」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「そして、チーム内の誰もがそれをするために非常にやる気があり、ホンダ内の誰もがそれをするために非常にやる気がある。もちろん、マックスも特にそうだ。簡単なことではないし、F1は簡単なものではない。しかし、我々は現在の人材、我々が持っているキャパシティと能力を信じている。最終的には挑戦を開始し、実際に彼らと戦うことができると思っている」

「彼らは今年非常に良いマシンで結果を出している。2022年には大きなレギュレーション変更があるのは確かだが、その前にも多くの機会があると思っている」

予選では大きな差をつけられたレッドブル・ホンダだが、レースペースではメルセデスに近づけることを期待している。メルセデスの2台と戦うことはできるのだろうか?

クリスチャン・ホーナーは、メルセデスはレースでまだすべての実力を出しているわけではなく、後続のペースに合わせていると指摘する。

「予測するのはとても難しい。最初のセッションはポジティブだったと思う」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「最初の数戦でわかっていることは、メルセデスにはかなりのアドバンテージがあり、我々はそれを減らすためにできる限りの努力をしているものの、彼らは後続のマシンのペースに合わせているだけだということだ」

「彼らはまだかなり多くを持っていると思うし、それは最後の数周でボッタスがマックスを捕らえるために追いかけているときに目にしたと思う。そうなって初めて彼らの本当のペースを見ることができる。一方、ルイスは、最後の数戦ではマシンに不必要にストレスをかけないように間違いなくペースをコントロールしていた」

シルバーストーンでルイス・ハミルトンを止めることはできるのか?

「もちろん、彼は優勝候補だ。彼は非常に高いレベルで運転している。彼らのマシンはシャーシとエンジンの両面で非常に完成しているように見えるし、彼らは冬の間は良い一歩を踏み出した。だから、彼はこのレースで勝ってきた。何度かは思い出せないが、かなりの回数だ。したがって、もちろん彼はこのレース週末に優勝候補として臨む」

「我々は彼とチームに苦労を与えるためにできる限りのことをするが、高速でコプスやターン1がそうであるようにいくつかのコーナーが全開でもはやストレートになったこのタイプのサーキット、は、過去数年間はメルセデスの牙城だった。だが、日曜日の午後に進歩して、少しプレッシャーをかけることができることを願っている」

関連:F1イギリスGP 予選:ハミルトンPP獲得でメルセデスが1列目独占。3番手のフェルスタッペンとは1秒差

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1