レッドブル・ホンダF1 「F1の“緊急計画”によってチームは倒れない」
F1グランプリの欠如による収入の減少は、F1の小規模チームにとって大きな問題になる可能性があるが、レッドブル・ホンダF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1の“緊急計画”によってチームが倒れることはないと考えている。

各シーズンの終わりに分配されるF1の賞金は、その年のF1の総収入の割合となる。

。2020年はレース数が大幅に少なくなると予想され、この金額は前年度よりも少なくなり、ハースやウィリアムズといったチームの財政名に大打撃を与える可能性がある。

ただし、F1はコスト削減のための対策も講じている。新しい技術規則の導入は2022年まで1年延期され、F1チームは2つの異なるレギュレーションに基づいたマシンを2台同時に開発する必要はなくなった。また、インシーズンテストもコスト削減のために廃止されている。

ヘルムート・マルコは「100万ドルでチームを支援する緊急計画がある。これにより、小規模チームを含め、我々は収入がないときにやりくりできるはずだ」と Kleine Zeitung に語った。

「そして、F1は非常に賢明な決定を下した。まず第一に、夏休みは春に移された。新しい規制は2022年に導入される。これにより、現在のマシンと新しいマシンを作業するという二重の作業負荷から解放される。テストはキャンセルされた」

「我々は予算内ですべてを行うことができる。したがって、どのチームもリアルな危険にさらされているとは思わない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1