F1:レッドブルを含めた4チームが新型コロナ向けの医療機器開発で協力
F1チームは、新型コロナウイルスの世界的な大流行から命を救うための技術開発を支援している。

メルセデス、レッドブル、マクラーレン、ウィリアムズは、高度な技術およびエンジニアリングの専門知識を持つ企業からの支援を求めている政府からの要請に応えた。

F1チームが開発を支援できる技術には、人工呼吸器がある。新型コロナウイルスは肺を攻撃するため、人工呼吸器は最も深刻な影響を受ける患者を支援するために必要な機器となっている。

この話題はF1のマーケティング担当者とチーム間の電話会議で議論されました。2020年のF1世界選手権は最初の7戦の延期・中止がすでに決定しており、必要な高度なエンジニアリング施設を備えたF1チームは、支援するための予備能力を備えている。

これらのチームは、多くの必要な医療機器の開発と生産を支援する方法の研究をすでに開始している。また、他のチームもできる限り支援する準備ができていると理解されている。

昨日現在、世界保健機関は新型コロナウイルスによって世界中で7,426人が死亡したと報告している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ウィリアムズ / マクラーレン / メルセデス