レッドブル・ホンダF1 「2週目は必要なアップグレードを目にする」
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、来週の2週目のF1バルセロナテストでRB16にアップグレードが投入されることを暗示している。

先週、F1は2020年の最初のプレシーズンテストを終了。2020年はレギュレーションが安定しているとは言え、例年、1週目のプレシーズンテストは主に信頼性と機能チェックが主な目的となる。

クリスチャン・ホーナーは、まだ各チームが手の内を隠していると考えており、テスト2週目には異なるパッケージを目にするだろうと語る。

「チームは来週、メルボルンでも見られるパッケージを持ってくると思う。間違いなく、必要なアップデートが見られるでしょう。」とヘルムート・マルコは語る。

先週、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新車『RB16』は先週披露されたものと“塗装以外”は類似点はほとんどないことを明らかにしている。言い換えれば、レッドブル・ホンダ RB16はメルボルンに到着するまでまだ大幅なアップグレードが施されることを意味する。

クリスチャン・ホーナーは、これまでのレッドブル・ホンダ RB16のパフォーマンスに満足はしているものの、慎重なままだ。

「我々はすぐに速く、はまっていた。だが、タイムリストに没頭するべきではない。これらは冬季テストだ。多くことが変わる可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1