F1
レッドブル・ホンダは、2020年F1シーズンに向けたティザー画像を投稿。そこでさりげなく新車『RB16』の発表用のカラーリングをリークしているのではないかと話題になっている。

一見すると、画像はマックス・フェルスタッペンがファクトリー内をモペットで走行しているもの。しかし、コーナーには見慣れないカラーリングのエンジンカバーが映り込んでいる。

過去数年、レッドブルは新車にカモフラージュ塗装を施して発表しているが、今年も発表会用のカラーリングを擁している可能性が高い。また、画像には従来型の塗装が施された新しい形状のノーズコーンも映っている。

レッドブル・ホンダは、2020年F1マシン『RB16』を2月12日に公開すると噂されている。

昨年末、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年F1マシン『RB16』の開発は2週間前倒しで進んでおり、今年はタイトル獲得のための言い訳にはできないと語っている。

「初めて、我々は通常のスケジュールより14日間進んでいる。これまで以上に優れたコンセプトで新年を迎える。我々は結果を出さなければならない」とヘルムート・マルコは語る。

ヘルムート・マルコは、2020年のホンダのF1エンジンはテストベンチでポジションが結果を出しているとして次のように続けた。

「他チームがより良くなりたいのであれば、彼らは劇的なゲインを作り出さなければならないだろう」

レッドブル・ホンダ RB16

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1マシン