ロス・ブラウン 「レッドブル・ホンダは2020年に向けて強力な礎を築いた」
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1ブラジルGPでのレッドブル・ホンダの勝利は2020年にむけて強力な礎を築くものだったと語る。

F1ブラジルGPでは、マックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンで今季3勝目を挙げ、また、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位に続いたことで、ホンダに1991年以来28年ぶりとなる1-2フィニッシュをもたらした。

「ブラジルGPはインシデントやアクシデント満載の信じられないほどエキサイティングでドラマチックなレースであり、マックスの背後には多くのことが起こったが、彼の8回目のキャリア勝利は実際にはリザルトシートで見るよりも簡単だった」とロス・ブラウンは振り返る。

「確かに、ロバート・クビカが関与したピットレーンでの事件とルイス・ハミルトンをトラックで2回抜く必要があるという懸念の瞬間はあり、それは至難の業だった。だが、ポールからの良いスタートを切った後、レッドブルのスターは常に勝利を掌握していた」

「彼のレッドブルは間違いなく当日の最高のパッケージだったが、マックスのパフォーマンスも素晴らしかった。彼は動揺せず、エンジニアと戦略家の判断を信頼し、ペース、パワー、精度のある勝利への走りを提供した」

「彼は2回目の再スタートで特に強かった。誰も彼を抜いて勝利を奪うことができないようにするためにフィールドをスローダウンさせた」とロス・ブラウンは語る。

「刺激的で魅力的なリスタートだった。慎重に分析していく。グリーンフラッグまでの数秒での集団が接近してドライバーがポジションを競い合い、わずかなアドバンテージが決定的となるスリリングな展開を生んだ」

「将来的にこのような条件をプロセス的に再現する可能性を検討することは興味深く、今後の期間で間違いなく検討すべきコンセプトだ」

「今年のマックスの3勝のうち、今回はレッドブル・ホンダのパッケージがベストだった。実際、ライバルのレベルと一致していなかったものが縮まったようだ。残り1戦だけだが、レッドブルとホンダは2020年に向けて強力な礎を築いた」

「インテルラゴスの表彰台は、23歳8か月23日間としう史上最年少の平均記録を達成し、2008年のイタリアGPの過去の記録を破った。もちろん、表彰台で3人の末っ子であるフェルスタッペンを見るのは慣れているが、ピエール・ガスリーやカルロス・サインツが初表彰台を獲得することには誰も賭けなかっただろう」

「ガスリーは、トップ3チームのドライバーのほとんどがリタイアするという状況を最大限に活用したが、レースと予選では、常に適切なタイミングで適切な場所にいた」

「ジェットコースターのシーズンの終わりにピエールにとって素晴らしいショットだった。トロロッソへの復帰は2016年のGP2チャンピオンの後退と見られていたが、彼は移籍に動じなかった。ファエンツァのチームに戻ってから、彼はいくつか印象的なパフォーマンスを発揮して十分なポイントを獲得し、ドライバーズチャンピオンシップ6位に浮上した。日曜日の結果は、彼の回復力と才能の価値ある証明だった」

またトロロッソにはコンストラクターズ5位という特別なことをする機会がある。ルノーにわずか8ポイント差だ。チームはすでに他の年よりも多くのポイントを獲得しており、2008年の6位を改善することは、来年アルファ・タウリに名前を変えるトロロッソにとって素晴らしい見返りになるだろう」

「カルロス・サインツはF1での初めてのシャンパンの瞬間を逃したが、後に彼とマクラーレンのチーム全員が表彰台に立って、独自に3位を祝いました。

「カルロスは非常に印象的なレースをしたし、セーフティーカー、リタイア、アクシデントの助けを借りたという事実は、勇敢なパフォーマンスから何も奪うことはできない。彼はグリッド最後尾からスタートし、その後、ピレリの最も硬いコンパウンドに頼らずに1回だけピットストップだけで走り切った唯一のドライバーになった。彼は序盤に攻撃し、最後まで守り、最初から最後まで完璧なパフォーマンスを発揮した。最後の数ラップでキミ・ライコネンと特にエキサイティングな争いをした。ライコネンンサインツよりも20周も速い速いタイヤで走っていた」

「3位は、ドライバーとチームにとってふさわしい報奨であり、シーズンを通してベスト・オブ・ザ・レストだった。実際、日曜日に獲得した19ポイントは、コンストラクターズ選手権4位という、マクラーレンがシーズン初めに自らに課した目標を保証してした。確かに3位との間に大きなギャップがあり、まだやるべきことがたくさんあるが、冬にむけて本当に士気を高めるも結果だ」

「ランド・ノリスも強力なレースを走っており、彼らは若くて二人の非常に才能のあるドライバー頼ることができるという知識に支えられている」

「レース後のインタビューで最も悲しかったのは間違いなくアレックス・アルボンだった。夏休みにピエール・ガスリーと場所を入れ替えた後、先週アレックスは2020年のレッドブルでのフルシーズンに向けて確認されていた。F1初表彰台はそのニュースを祝い、昨年の冬にはほぼ終わっていたF1の夢を掴んだドライバーにとって目覚ましい転換となっていただろう」

「彼の失望を理解することができるが、彼は本当に良いシーズンを過ごしたので、くよくよ悩むべきではない。今シーズン、彼は間違いなく最も空想的なルーキーだったが、彼は太陽の下で自分の場所を確保し、今週末までチームメイトをアウトスコアすることもあり、非常に一貫したパフォーマンスを発揮してレッドブルに留まるにふさわしい。彼はここで表彰台を逃したが、レッドブルの現在の形を考えると、アブダビで再びチャンスが訪れるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1