元F1ドライバー 「レッドブルのドライバー交代は健全な状況ではない」
元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースは、最近レッドブルが行ったドライバー交代に疑問を呈した。

夏休み中、レッドブルは成績不振のピエール・ガスリーをトロロッソに降格さえ、今年トロロッソでF1を果たしたばかりのアレクサンダー・アルボンをレッドブルのドライバーに抜擢している。

「私はまだその選択を理解していない」と元ミナルディとスパイカーでF1ドライバーを務めたクリスチャン・アルバースは De Telegraaf にコメント。

「チームの安定性にとって非常に悪いことだと思っている。その一方で、ヘルムート・マルコが厳しく、ポイントを獲得する必要があることもわかっている」

「だが、今、ドライバーの頭の中では何が起こっているだろう? レッドブルに参加する人は誰でも、まずマックス・フェルスタッペンと対戦することを知っている。第二に彼は自分がパフォーマンスを発揮できなければ、外されることをわかっている」

「それは健全な状況だとは思わない」

「ガスリーは短期的に交代させられる可能性がなければ、パフォーマンスを向上させていたと確信している」

一方、クリスチャン・アルバースは、マックス・フェルスタッペンがレッドブルから同じような扱いを受けることはないと語る。

「彼は非常に多くの信頼を築いてきた。時折、彼は不可能を可能にした」とクリスチャン・アルバースはコメント。

「マックスは10回ウォールにマシンをクラッシュさせても、それでもレッドブルのヒーローだ。当然そうあるべきだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル