F1 レッドブル マックス・フェルスタッペン
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンがあらゆる年代の多くのF1ファンに愛されているのは、フェルスタッペンがレースで示した情熱によるものだと考えている。

近年、オレンジのTシャツを着たファンがスタンドを埋める光景はマックス・フェルスタッペンの人気の証明となっており、反対派さえも今後数年でフェルスタッペンがF1の頂点に立つドライバーであることを認めざるを得ない状況となっている。

言うまでもなく、クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンの成長に感銘を受けており、現状ではもはやメルセデスのエースであるルイス・ハミルトンよりも優れていると語っている。

「今年の彼のパフォーマンスを見れば、彼はすべてのラップで全力を尽くしている。F1での5年目で彼は完成された。過去12回月で彼は成熟した」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「彼がプレッシャーを対処する方法は非常に印象的だ。彼は情熱的だ。それは人々が彼に温かい理由の一部だ。彼はありのままのことを口にすることを恐れてはいない」

「それは悪いことだろうか? むしろ私はそのような情熱、野心を持ったドライバーを望んでいる」

マックス・フェルスタッペンは、F1で長くトップを争うことを望んでいると語る。

「自然にそうなればいいね。自分はドライバーとして常に向上できると思っている」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「でも、最近、F1に5年間いると、純粋に運転するだけでなく、1年を通して経験することが関係してくる。経験によってピースをまとめるだけのことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン