F1 レッドブルF1
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今年、多くの若手ドライバーが活躍しているのはF1にとって良いことだと語る。

今年はランド・ノリス、アレクサンダー・アルボン、ジョージ・ラッセル、アントニオ・ジョビナッツィがF1デビューを果たしており、最近のレースではマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールがF1の将来を垣間見せるような素晴らしいバトルを展開している。

グリッドの若手ドライバーの数について質問されたクリスチャン・ホーナーは「F1にとって素晴らしいことだ」と BBC にコメント。

「時間を止めることはできないし、現時点でF1に新たな才能が生まれているのは確かだ。マックスは自分自身を確立させ、ルクレールは素晴らしい仕事をしている」

「ランド・ノリスは、今年マクラーレンで良い仕事をしている。ジョージ・ラッセルもそのレベルにいるが、ウィリアムズで機材ではそれを示すことができていないように思う」

「F1はそのような若手のポテンシャルに興奮することができる。ヤングガンがハミルトンやベッテルのような確立されたドライバーに対抗しているのを見るのも素晴らしいことである。そのようなドライバーちが、ハードにレースをしてお互いに競争的に競い合っている素晴らしい期間だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル