F1 セバスチャン・ベッテル
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、かつての教え子であるセバスチャン・ベッテルがF1キャリアを軌道に戻すためには“チームを変える”必要があると考えている。

名目上フェラーリのナンバー1ドライバーであるセバスチャン・ベッテルだが、F1イギリスGPでまた根本的なミスを犯したことでフェラーリのジj元イタリアメディアの支持を大きく失っている。

「レッドブルでは彼はめったにミスを犯さなかった。運転の仕方を忘れるわけがない。だが、フェラーリではなぜどのようなことが何度も彼に起こるのだろう?」

ドライバーマネージャーとしてかつてセバスチャン・ベッテルを4度のF1ワールドチャンピオンに導いたヘルムート・マルコは、ベッテルが自身を失っていると考えている。

「自信がなくなったときにミスを犯すものだ。それは潜在意識のなかで起こる」とヘルムート・マルコは語る。

セバスチャン・ベッテルは2020年までフェラーリと契約を結んでいるが、F1引退やレッドブルへの復帰が噂されている。

レッドブルのチームマネージャーを務めるジョナサン・ウィートリーは「セバスチャンは非常に頭が良く、敏感で、心が温かい男だ」と語る。

「彼が妻と子供をどれだけ愛しているかがそれを物語っている。シルバーストーンでのチャーリー・ホワイティングを称えたスピーチも素晴らしかった」

「彼はミハエル・シューマッハやフェルナンド・アロンソのように常にパフォーマンスをできるほどタフな男ではない。セバスチャンは無条件のサポートを感じなければならないドライバーだ」

「レッドブルで彼はそれを持っていた。おそらくフェラーリではそれを持っていないのだろう」

ヘルムート・マルコは、フェラーリを去ることがセバスチャン・ベッテルが起動に戻るための唯一の方法であるかもしれないと語る。

「セバスチャンは別の環境にいる必要がある。言いかければ、チームを変えるということだ」

「だが、2020年にどうにもならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | フェラーリ | セバスチャン・ベッテル