F1 レッドブル
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年に導入される予算キャップに不満を募らせており、レッドブルが上限下回るためには世界最高の簿記担当を見つける必要があると皮肉った。

F1は、より公平な競争の場を作り出すことを目的として2021年のF1世界選手権から予算を1億7500万ドル(約189億円)に制限することを計画しているが、一部のビッグチームは規制について潜在的な困難さを表明している。

F1の最高経営責任者を務めるチェイス・キャリーは「詳細まで問題を議論するために1年間がある。我々の提案した構造は成功したと思っている」と Servus TV にコメント。

「我々のスポーツは非常に複雑であり、すべてを確実に観察するためのルールが必要だ」

そのコメントを受けてヘルムート・マルコは“簿記世界選手権”になると皮肉った。

「最悪の場合、我々はコストを払わずに2ヵ月後に失格となるF1簿記選手権になるだろう」とヘルムート・マルコはコメント。

「みなさんは部分的に人員を削減しなければならなくなるだろう。ハイパーカーの開発などね。我々はレッドブル・レーシングとトロロッソの両方のチームで風洞を使用することもできる」

関連:F1 | 2021年から年間189億円の予算制限を導入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル