F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーが、2019年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPへの意気込みを語った。

前戦F1カナダGPでは、マックス・フェルスタッペンが5位、ピエール・ガスリーが8位と厳しい戦いを強いられたレッドブル・ホンダだが、両ドライバーともにフランスGPでは競争力を発揮できることを期待してると語る。

マックス・フェルスタッペン
「フランスはF1の中では最近始まったグランプリなので、全チームにとってチャレンジングだ。僕も2018年に初めて走った。昨年は戦略が功を奏し2位表彰台を獲得した。コーナーのエントリーの幅が広く、どのサーキットとも異なっているけど、簡単なトラックではない。歴史があり、安全性が高いトラックは多くのファン、特にピエールのファンの心を掴んでいる。僕の自宅からもそれほど遠くない。カナダでマシンを最適化し、あらゆる部分での進化を目指して努力した。マシンのフィーリングがいいので、フランスでは上位との差をさらに詰められると思っている」

ピエール・ガスリー
「ホームレースなので僕にとって本当に特別な週末だ。いつも以上にファンからの声援を受けてサーキットを走るのが、とても楽しみだ。可能な限りベストの結果を得るために集中している。地元ファンの前でいい走りができれば特別な時間になるだろう。たくさんのファンが僕を応援しに来てくれるので、すごくいい雰囲気になる。ポール・リカールは過去にいい結果が出ているので、好きなサーキットだ。ここで初めてレースをした2011年のF4でも優勝した。アストンマーティン・レッドブル・レーシングで競争力のあるマシンとともにこの場所に戻ってこられたので、興奮している。全力を尽くす」

関連:2019年 F1フランスGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1 | F1フランスGP