F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2019年の開幕戦でパフォーマンスを発揮できたものの、レッドブル・ホンダをタイトル候補とみなすのはまだ時期尚早だと語る。

ホンダのF1エンジンでの初陣となったF1オーストラリアGP。マックス・フェルスタッペンはフェラーリの2台の前でフィニッシュし、レース終盤にはメルセデスのルイス・ハミルトンにプレッシャーをかけた。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ホンダのF1エンジンの実力が本物であれば、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンは確実にタイトル争いに絡んでくることになると語っている。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・ホンダが今年チャンピオンシップを獲得するかもしれないという雰囲気に待ったをかけた。

「チャンピオンシップについて話すのは時期尚早だと思う」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「確かにここで表彰台に立てたことはホンダにとって素晴らしい瞬間だった。我々はその業績を非常に誇りに思っているし、彼らが我々に与えてくれたプロダクトに感謝している。強力なシーズンのスターティングポイントになることを願っている」

「我々ッはメルセデスとフェラーリのギャップを縮めていたと思っているし、それを実現している。1レースだけだが、我々は良いスタートを切ることがでいたし、このポジティブなエネルギーを足場にしていかければならない」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダのF1エンジンの実力がわかった今、ライバルとの差を縮めていくにはレッドブル・レーシングがシャシーを改善させなければならないと語っている。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、チームのパフォーマンスのあらゆる点で改善が見られることを信じていると語る。

「あらゆるエリアでまだ進化できると考えている。シャシー、エンジンなどすべての側面でね」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「最速のピットストップを行ったピットクルーは際立っていた。もちろん、F1は決してじっと座っているものではない。これはまだ21戦のスタートに過ぎない。開発は非常に激しいものになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1