F1 レッドブル ホンダF1
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダのF1エンジンを含めた仕事ぶりを称賛。メルセデスとフェラーリを倒せるかはレッドブル・レーシングのシャシー開発にかかっていると述べた。

新生レッドブル・ホンダとして挑んだ開幕戦オーストラリアGPでは、マックス・フェルスタッペンがコース上でフェラーリのセバスチャン・ベッテルを抜き去って、3位表彰台を獲得。ホンダに11年ぶりの表彰台をもたらした。

昨年はルノーのF1エンジンのパワー不足に足を引っ張られていたレッドブル・レーシングだが、F1オーストラリアGPでは全計測地点で最高スピードを記録。特にエンジンパワーが重要となるストレートスピードでは大きな改善をみせた。

また、昨年の弱点だった予選に関しては、ホンダは今年のF1パワーユニットに“予選モード”を備えており、予選ではマックス・フェルスタッペンがフェラーリの2台に割って入り、2列目4番グリッドを獲得している。

ヘルムート・マルコは「非常に満足している。1回目のプラクティスから決勝までホンダのF1エンジンにまったく問題は発生しなかった」とコメント。

「残り3周でアタックしたいと思っていたので、エネルギーをかなりセーブしていた。残念ながら、マックスがコースオフしてしまったことでハミルトンを攻撃することはできなかった」

「我々は予選でメルセデスとの距離がそこまで大きくなかったことに満足している。だが、前のチームにチャレンジできるようになるにはシャシー側で多くの作業をしなければならないことを承知している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル